スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の食品偽装をスルーする舛添東京都知事のせいで不衛生食品蔓延!


韓国に優しすぎる舛添に対して、実に優しい東京都民。都知事の仕事をサボって韓国詣でばかりしているこの男に、いつまで我慢するおつもりですか?

下の記事はほんの一例。実際は各分野にもっとたくさんあるでしょう。


韓国に優しい舛添都政「国内業者は大打撃!」 :プレジデント Online
http://president.jp/articles/-/14348

食中毒が起きていることを知らずにヒラメの刺し身に舌鼓を打っている人が多い。この食中毒はヒラメなどの魚の筋肉に寄生する粘液胞子虫のクドア・セプテンプンクタータによるもの。

2014年のヒラメのクドア食中毒は30件(厚生労働省速報値・14年12月2日付)に上り、13年を上回っている。年末の12月13日には滋賀県長浜市で6人の中毒患者が出た。


東京・銀座で昨年10月14日に起きたヒラメの食中毒事件(http://president.jp/articles/-/14260)では、築地卸売市場の仲卸業者が国内養殖モノとして料理店に販売したヒラメが、実は韓国・済州島の養殖モノの“偽装”だったことが発覚。

飲食店は保健所から営業停止命令を受けたが、仲卸業者は口頭注意だけ。


この処分の不公平さについて食品衛生や卸売市場を監督する東京都は、「仲卸業者が産地情報の伝達の必要のない飲食店に販売する際に、誤った産地情報を伝えた事例です」(東京都政策企画局報道課)と回答。

つまり、スーパー等で消費者に直接販売する魚介類等については卸売業者には産地情報を伝達する義務があるが、飲食店に販売する場合は義務づけられておらず、処分してないというのだ。偽装のような犯罪行為や常習性が疑われる場合には、不正競争防止法に抵触する可能性もあるので、銀座の件は警察に情報提供を行ったという。

そして都は、クドアなど魚介類の寄生虫全般のリスクについて、ホームぺージやパンフレットで周知に努めていると胸を張るが、なぜか韓国産についての注意喚起は怠る。


食中毒が発生するヒラメは養殖モノが多くを占める。日本で消費されるヒラメの半数は漁獲で、残りは国内と韓国の養殖モノが各2分の1ずつ。

国内の養殖ヒラメでは養殖方法や検査証明書の発行などの対策が進み、ほとんど発生しなくなっている一方、食中毒で行う流通や産地の遡り調査の結果、韓国産が原因になる事例が多い。


都が実施すべきは、安全な国産ヒラメの注意喚起ではなく、危険な韓国産の注意喚起だ。

このままヒラメの刺し身すべてが危険とされれば、国内の業者は大打撃を受けてしまう。韓国びいきと噂される舛添要一都知事には、適切な対応が求められる。


----------
食中毒を出した当事者である韓国産を販売した仲卸業者には罰則無しで、仲卸業者から国産だと言われて購入した飲食店が営業停止とは、東京都は狂っているとしか言いようがない。これを変だと思わないのか?


この事件は報道されたのかどうか知らない。恐らく大きくは報道されていないのだろう。舛添とマスコミの韓国びいきダブルパンチでいつも日本国民が被害を受ける。


舛添は韓国の不正には何でもお咎め無し。日本人や都民のための政治をやるつもりはない男。即刻リコールしてクビにして当然だし、舛添に媚びている都職員も懲戒処分すべきだろう。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ←「いいね」と思ったらクリックを



関連記事
スポンサーサイト

【ISIL人質】湯川氏ブログが酷いと叩かれているが・・・簡単に批判できるか?【虚構と真実】PageTop【ISIL人質事件】テロリストを非難せず政府を叩く輩が国民から冷ややかな目

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

暴れん坊侍

Author:暴れん坊侍
*

妻(日本人)と娘・息子の4人家族を持つ生粋の日本人。

政治に目覚めたのは1982年冷戦まっただ中の頃。信頼できる情報を得る手段が少ない時代だった。

きっかけは、マモーノヴァ・ヴォズネセンスカヤ著「女性とロシア」。自由平等の理想天国だと宣伝されていた共産国家ソ連が牢獄国家だと知り、マスコミと教育機関による情報操作によって真実が隠されウソを信じ込まされている現実をまざまざと知った。


インターネットが一般化しだしてからネットを中心に活動を始めたが、保守系政治活動の中に潜むスパイの策略にかかって仲間を失ったのを機にそうした運動とは距離を置いている。


2014-11-02よりブログ始動

※ だいたい勢いで記事を書いてしまうので、誤字・脱字・文章表現のまずいところなどあるが、アップした後で修正するのが常である。ご了承願いたい。

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

メッセージ送信
フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。