スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日本人2名人質イスラム国ISIL】対テロ戦に円満解決など無い【軍を出さない日本が異常】


ISIL(いわゆるイスラム国)に掴まった日本人2名。テレビはさっそく身代金を払うべきかかどうかをアンケートしているが、テレビ局社員は脳みそ腐ってるんじゃないか。

払ったら身代金目当ての誘拐が多発するに決まってる。フランスはそれで大失敗しているんだぜ。

「日本人の誘拐は他の国よりも遙かに儲かるぞ」なんていう意識が広がったら、海外旅行も海外でのビジネスもできなくなるぞ。


ダッカ事件で福田首相がテロリストの言い分を全て飲んで人命救助を優先したことを絶賛した時の日本国民とは違う。

テロリストによる身代金ビジネスを拡散させ、テロの脅威を撒き散らした事で世界から非難を浴びて、甘かった事を学習したのだ。(しかし、当時の関係者は未だにあの判断は正しかったと自己正当化している)


今回人質となった2名はもともと危険な所に行ったのだから、何の被害も損失も無しに解決する事を期待するのはどだい無理な話で、殺されて普通、帰ってきたら奇跡だと考えるべき事態なのだ。


日本は軍を派遣しないのだから。


アメリカ人ジャーナリストがISILに拉致された時、結局救出は失敗したが、特殊部隊を派遣して救出作戦を敢行している。自国民が人質に取られたら軍を派遣して救出に向かうのが世界の常識。


しかし、日本という国は政治家が声明を発表するだけで相手国の良心に期待して話し合いをやるが結局は助け出すための実際的な行動などやらない。相手国がみんな善人ばかりだったとか、奇跡的に運が良ければ助かるかも知れないが、イスラム過激派に対してはそんな事は殆どあり得ない。


アルジェリアで日本人技術者10人が殺害された時も自衛隊の出動が無く、憲法や法律に縛られて何も出来ず結局は見殺しにした。邦人保護のための陸上輸送ができなかった法律を改正する事にも反対した与党政治家がいたという考えられない有様だ。


世界の常識に反して日本人は同じ国民が連れ去られても救助に行かない事が普通だと思っている。国民の命よりも憲法や法律の方が優先される変な国。これがかつてサムライの国と言われた国家のなれの果てだ。


世界からバッシングされて初めて学習する現代の日本人。

日本人が死んだからといって世界からバッシングを受ける事はない。日本の問題だから、日本人自身が対処すべき問題だからだ。いままでの行動原理からすると、今回の人質事件は世界が日本をバッシングするネタにはならないため、事件後も日本は何も変わらないだろう。


アルジェリアで10名も日本人が殺されていても、日本人の命を守れもしない憲法を改正する議題が、選挙の争点にならなかった事がそれを裏付けている。


下の10秒程度の動画の宇田川啓介氏(元国会新聞記者)の話によると、諸外国のパスポートには、いざとなったら軍が出動して助けるという意思表示が書いてあるのに、日本のパスポートだけがそんな事は何も書かれていないらしい。国そのものが腐っているとしか言いようがない。




法律守って国民殺す。これを仕方がないと思っている人々の神経が理解できない。どこまでボケてるんだろう。


憲法改正が完了するまで、テロリストに命を奪われ続ける事を日本人はそれでも構わないと思っているのか。そのくせ、人質が死ぬと「政府の責任だ!安倍が殺した!」と金切り声を上げる。本当に頭大丈夫か?


国民の命が危ない時は憲法がどうだとかそんなことは関係無い。救出するのが国家として当たり前。そんな意識すらなくなった日本人を、正直言って同じ国民だと呼びたくないのだよ。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ←「いいね」と思ったらクリックを


関連記事
スポンサーサイト

【イスラム国ISIL】テロリストを舐めた甘い奴らが日本国を振り回す【イスラム大帝国の理想実現に立ち向かえるか】PageTop中国「世界1の輸出大国」は大嘘だった!【中国株を上げるための嘘に踊らされた世界】

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

暴れん坊侍

Author:暴れん坊侍
*

妻(日本人)と娘・息子の4人家族を持つ生粋の日本人。

政治に目覚めたのは1982年冷戦まっただ中の頃。信頼できる情報を得る手段が少ない時代だった。

きっかけは、マモーノヴァ・ヴォズネセンスカヤ著「女性とロシア」。自由平等の理想天国だと宣伝されていた共産国家ソ連が牢獄国家だと知り、マスコミと教育機関による情報操作によって真実が隠されウソを信じ込まされている現実をまざまざと知った。


インターネットが一般化しだしてからネットを中心に活動を始めたが、保守系政治活動の中に潜むスパイの策略にかかって仲間を失ったのを機にそうした運動とは距離を置いている。


2014-11-02よりブログ始動

※ だいたい勢いで記事を書いてしまうので、誤字・脱字・文章表現のまずいところなどあるが、アップした後で修正するのが常である。ご了承願いたい。

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

メッセージ送信
フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。