スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在日韓国人の徴兵拒否者に韓国兵務庁が制裁を発表


日本の在日韓国人を、韓国政府は海外旅行者としており、韓国国民として兵役の義務があるとしています。

このほど、韓国兵務庁は徴兵拒否者への制裁を発表したので、日本の在日韓国人も韓国に帰国し兵役の義務を果たさないと制裁を受けることになります。

今回は個人情報の公開だけですが、今後はそれだけでは済まなくなる事が予想されます。


※今年1月22日から在外韓国国民の国内居所申告制度が廃止。在外国民住民登録制度が施行される。

7月には通名が完全に禁止になり在日特権は無くなりますので、はやく韓国へ帰ってこいという事です。


朝鮮日報:徴兵:兵役拒否者、今年7月から個人情報公開へ
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/01/15/2015011501529.html

韓国兵務庁は今年7月から、正当な理由なく兵役を逃れた人の個人情報をウェブサイトで公開する、と14日発表した。

これにより
海外に出国したまま滞在許可期間内に帰国しなかった国外不法滞在者(24歳以上の兵役未了者は海外滞在時に兵務庁の許可が必要)▲現役兵士または社会服務要員(旧・公益勤務要員=兵役の代わりに公的機関で働く)としての招集を拒否した者▲疾病身体検査を拒否した者-の個人情報が公開されることになる。

公開されるのは名前と生年月日、居住地などだという。


 兵務庁の関係者は「兵役の義務を忌避した者の個人情報を公開するという内容の改正兵役法が昨年12月30日に施行された」と説明した。なお、各種の試験や健康上の問題など、法令で定められた理由により入隊を延期した人は個人情報公開の対象にはならない。


 兵務庁はまた、兵役の義務を事実上免除された芸術・体育要員については、兵役期間中に特技を生かしたボランティア活動を義務付けることとした。該当者は兵役期間に毎月2日(16時間)、計68日(544時間)にわたり、社会的弱者や青少年などを対象とした講演や講習会、キャンペーンなどのボランティア活動に従事しなければならない。


梁昇植(ヤン・スンシク)記者
---------


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ←「いいね」と思ったらクリックを


関連記事
スポンサーサイト

外国人の不法入国防止の新組織を創設【絶対必要だが、移民大量受け入れの準備か?】PageTopNHKとは別の国際放送を創設【慰安婦など歴史問題の情報発信】

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

暴れん坊侍

Author:暴れん坊侍
*

妻(日本人)と娘・息子の4人家族を持つ生粋の日本人。

政治に目覚めたのは1982年冷戦まっただ中の頃。信頼できる情報を得る手段が少ない時代だった。

きっかけは、マモーノヴァ・ヴォズネセンスカヤ著「女性とロシア」。自由平等の理想天国だと宣伝されていた共産国家ソ連が牢獄国家だと知り、マスコミと教育機関による情報操作によって真実が隠されウソを信じ込まされている現実をまざまざと知った。


インターネットが一般化しだしてからネットを中心に活動を始めたが、保守系政治活動の中に潜むスパイの策略にかかって仲間を失ったのを機にそうした運動とは距離を置いている。


2014-11-02よりブログ始動

※ だいたい勢いで記事を書いてしまうので、誤字・脱字・文章表現のまずいところなどあるが、アップした後で修正するのが常である。ご了承願いたい。

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

メッセージ送信
フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。