スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国企業が日本にいる米軍F15・F16戦闘機の整備をやる!?【しかもスパイ企業に!防衛やる気あるのか?】


沖縄嘉手納基地と青森三沢基地の米軍戦闘機、F15・F16の整備事業を、韓国の企業が落札しているらしい。


産経west:韓国企業が在日米軍の整備事業を落札の“筋違い” 日本の安全保障はゆゆしき事態だ
http://www.sankei.com/west/news/150108/wst1501080002-n1.html

2015.1.8 15:00
韓国企業が在日米軍の整備事業を落札の“筋違い” 日本の安全保障はゆゆしき事態だ


武器輸出三原則の見直しで、武器輸出が事実上、解禁されたことに伴い、日本国内の防衛産業にも光明がみえたといっていいが、在日米軍の整備事業を韓国企業が落札するというケースが出ている。

在日米軍の駐留経費は、日本が負担しており、その整備事業は日本企業が行うのが筋だと思うが、国際入札方式に基づき韓国企業が受注するケースは今後も続きそうだ。


■日本防衛に欠かせない存在を韓国企業に委ねる


 防衛省は平成26年10月、米海兵隊が民間企業に委託する米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの定期機体整備について、日本企業が落札した場合、陸上自衛隊木更津駐屯地の格納庫使用を認めると発表した。

オスプレイの機体整備には韓国企業も応札の動きをみせており、格納庫使用許可は日本企業を後押しするのが狙いだ。


 ところが、米軍の発表などによると、韓国企業はすでに在日米軍の戦闘機整備事業をいくつか落札している。

嘉手納基地(沖縄県)のF15戦闘機と三沢基地(青森県)のF16戦闘機の整備事業を請け負っているのは韓国の民間航空会社、大韓航空だ。

大韓航空は米ボーイング社との間で軍用機整備の協定を結ぶなど韓国の防衛産業ではサムスン・グループやLG・グループと肩を並べる存在だ。

---

嘉手納基地や三沢基地に配備される米軍戦闘機は、それ自体が大きな抑止力であり、日本防衛にとって欠かせない存在だ。その戦闘機の整備を日本企業ではなく韓国企業が行っているということになる。


■陸自導入のオスプレイ整備計画変更も?


 木更津駐屯地のオスプレイの場合、防衛省は米軍機の整備実績がある日本飛行機(本社・横浜市)に入札参加を呼びかけているが、日本企業が落札しなかった場合には、陸上自衛隊が導入するオスプレイ整備計画が変更される可能性がある。


 陸自は平成30年度からオスプレイを配備する方針で、米海兵隊のオスプレイが木更津駐屯地で整備されれば、米側から機体の維持・整備のノウハウを吸収することができ、オスプレイ導入が円滑に進む効果が期待できる。

しかし、韓国企業が落札してしまえば、こうした思惑も“ご破算”となってしまう恐れがあるわけだ。


 従来、米軍は軍用機の整備に関して米国本土に持ち帰ったり、米国企業が現地で行う方法をとっていた。しかし、即応体制を高めるために国際入札に改めて、現地の企業に委ねる方式をとるようになり、この流れは変わりそうにない。

-----

日本と韓国の間には、歴史認識問題などがあり、韓国の朴槿恵大統領は対日批判を繰り返している。現状では、韓国は必ずしも日本にとって友好的とはいえない国だといえる。

その韓国の企業が在日米軍の整備事業のいくつかを“掌握”しているという事実は日本の安全保障を考えたら、ゆゆしき事態ではないかということを忘れてはいけない。

---------

韓国は”友好的でない”どころか多くの議員や政府高官が「日本は敵国だ」と発言している国であり、北朝鮮に対抗する陸軍よりも海軍を増強しているのは明らかに日本を敵として想定している。

しかも、中国に日米の軍事機密を横流するなど、すっかり中国の属国として振る舞っており、米軍は韓国を信用していないのだ。



なのになぜ、韓国企業を参入させたのか。


なぜレベルの高い自衛隊に任せないのか。なぜ国際入札するのか。


安い価格を提示した企業がやる競争入札は整備の質の低下を招く事は目に見えている。整備不良でパイロットの命が失われたり作戦実行に支障が出てからでは遅い。


米軍の整備はアルバイトがマニュアルに沿ってやっているため、自衛隊に比べると遙かに事故率が高く、整備の重要性をあまり認識していないと言わざるを得ない。


戦闘機の調子は生き物のように毎日変わるらしく、機械で計れない微妙な変化を調整するマニュアル化できない職人的な技術を日本の自衛隊の整備士は持っている。それでも事故は起こるくらい戦闘機の整備はシビアな世界なのだ。


いくら米軍機の整備とはいえ、日本の防衛に関わる重要な任務を米軍の安易な判断に委ねてはならないはずだ。米軍がやらなければ日本が全額支払ってでもやるべき任務である。

おそらく財務省が防衛予算を削るために、米軍機の整備にまで予算を回せないのだろう。それにしても沖縄が危ないこの情勢下で何たる防衛意識の薄い事か。


大韓航空がボーイング社と提携しているとのことだが、ボーイング社はアメリカ民主党寄りで中国・韓国と関係が深い企業というのは有名である。内部にスパイがいても何ら不思議ではない。


信用できない韓国の、技術力の低い韓国企業。しかも勝手に機密情報を流したり、トラップを仕掛けたりするかもしれないスパイがいる可能性が極めて高い企業にやらせるなど言語道断だ。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ←「いいね」と思ったらクリックを


関連記事
スポンサーサイト

中国共産党が土砂崩れ起こす【世界大混乱の引き金引く可能性】PageTop北朝鮮が7日戦争を画策している【朝鮮労働党創建70周年の2015年は必ず動く】

Comment

こんにちは!

すばらいい切れ味の記事で興味深く読ませていただきました。
ブログで紹介したいのです。↑の記事です。適さないと思われましたら、連絡いただければ削除します。
おかげで、ある疑いがわき上がりました。
在日米軍が日本ではなく韓国企業に整備をさせるということは、裏では敵対ではなく、つながって利用しているということですよね?
ましてや米軍は日本を防衛する気などない。
あくまで韓国は腐った使い勝手の良いパシリですが、日本はいつは向かうかわからない頭のいい犬と言うことでしょうか?
米国は韓国を警戒してはおらず、日本を警戒しているのですね。
ウクライナを切れといいたくなりました。

Re: こんにちは! kitako様へ

> すばらいい切れ味の記事で興味深く読ませていただきました。

ありがとうございます。


> ブログで紹介したいのです。↑の記事です。適さないと思われましたら、連絡いただければ削除します。


読ませていただきました。引用は全く構いませんので、よろしくお願いします。


> おかげで、ある疑いがわき上がりました。
> 在日米軍が日本ではなく韓国企業に整備をさせるということは、裏では敵対ではなく、つながって利用しているということですよね?


日本は防衛省の背広組に親中・親韓派がいるので、時々おかしな事が起きます。最前線で戦う自衛隊員は命がかかっているので、韓国のものを入れて欲しくないと思っているはず。防衛省、自衛隊も一枚岩ではない。


かつてアメリカの左派が日本経済を叩くために韓国を急成長させて利用しました。これは米国民主党、国務省のラインですね。国防総省と共和党は親日派がそこそこいますが、民主党・国務省は親中派で反日の人が多い。


かつて日米韓3カ国は中ソ北朝鮮に対峙する同盟関係だったのでアメリカと韓国、日本の繋がりは深いですが、ここまで韓国がアメリカを裏切るとさすがに最近は見放すようになりましたね。


それでも、在韓米軍が存在している故に、アメリカが韓国を完全に切れないので、韓国の企業はそこを巧妙に利用して米軍に食い込もうとしている。韓国企業と裏で繋がっているのは中国。



米軍もそこをよくわかっている人が一定数いるが、韓国のワイロ攻勢に取り込まれている人も多いでしょうね。


> ましてや米軍は日本を防衛する気などない。


どの国も自分の国が一番。

世界の覇権国は今のところアメリカですが、第2位の中国の覇権は絶対に阻止。その為の日米安保条約で覇権国アメリカの地位を守るために日本を防衛しなければならないのでやっている。別に日本を守る事が目的なのではない。



近い将来、中国がアメリカの脅威でなくなった時に、アメリカにとって一番の脅威は日本。その時が来るまでアメリカは日本を敵対する事は無い。


日本は当面中国から自国を守る事に力を注ぎ、いずれ中国が衰退した後の準備をしないといけない。


その時に日本が世界の覇権国を目指すそぶりを見せれば、アメリカは日本の事を覇権国アメリカの地位を引きずり下ろす敵として考えるようになる。日本が覇権国になる意味もないし目指す必要もないが、アメリカも日本を守る大義名分がなくなって安保条約の意味も薄れてくる。


その時に日本はある程度自国で防衛を行うようになっていないと今以上に属国扱いしようとする圧力は強くなります。


> あくまで韓国は腐った使い勝手の良いパシリですが、日本はいつは向かうかわからない頭のいい犬と言うことでしょうか?
> 米国は韓国を警戒してはおらず、日本を警戒しているのですね。
> ウクライナを切れといいたくなりました。


最近の韓国はアメリカのパシリというよりも中国のパシリですね。アメリカの機密が韓国を通じて中国に流れているのでかなり警戒していますよ。韓国は切っても良いと考えているんじゃないですか?


アメリカは、今の日本が刃向かってこない事は十分わかっている。しかし将来の覇権国になる事は断じて許さない。白人の歴史は覇権国とNo.2の国が覇権争いを繰り返してきた歴史で覇権国がNo.2の国と平和共存したことがない。


アメリカ南部は南北戦争以前に合衆国と敵対してきたため、日本にシンパシーを感じる層が多い。日本がそれをいかに取り込めるかで、今後の日米関係は全く違ったものになるし、今後どうなるかはまだまだわかりません。



日本の政権の変化でアメリカの出方も変わります。民主党政権時代は欧米が日本から去り、安倍政権で戻ってきました。今後どうなるかもわかりませんね。

詳しく説明していただきありがとうございます!

本当に嬉しいです。
すべての国民にかかわることですので、はじめはこんなことあるのよね~で主婦ノリで始めたつもりが、えらい真剣になってしまいました。
やはり情報量が少ないし、こういった政治や経済、世界を普段から分析しなれているわけではないので、先が見えなくなります。
ありがとうございます。
やはり切れ味素晴らしいですね!
このいただいたコメントも記事に付け加えてもいいでしょうか?
皆様もおわかりいただけると思います。
とてもとても嬉しかったです。
ありがとうございます!

Re: 詳しく説明していただきありがとうございます! kitako様へ

どうぞ、私のブログはいくらでも引用して下さって結構です。

また気軽に書き込んで下さい。私も最初は何も知りませんでした。
みんなそうですから。

ありがとございます~!
嬉しいです!

kitako様

これからもよろしくお願いします。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

暴れん坊侍

Author:暴れん坊侍
*

妻(日本人)と娘・息子の4人家族を持つ生粋の日本人。

政治に目覚めたのは1982年冷戦まっただ中の頃。信頼できる情報を得る手段が少ない時代だった。

きっかけは、マモーノヴァ・ヴォズネセンスカヤ著「女性とロシア」。自由平等の理想天国だと宣伝されていた共産国家ソ連が牢獄国家だと知り、マスコミと教育機関による情報操作によって真実が隠されウソを信じ込まされている現実をまざまざと知った。


インターネットが一般化しだしてからネットを中心に活動を始めたが、保守系政治活動の中に潜むスパイの策略にかかって仲間を失ったのを機にそうした運動とは距離を置いている。


2014-11-02よりブログ始動

※ だいたい勢いで記事を書いてしまうので、誤字・脱字・文章表現のまずいところなどあるが、アップした後で修正するのが常である。ご了承願いたい。

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

メッセージ送信
フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。