スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年のトップニュースが株価?もっと大事なニュースあるだろ!


国内の実体経済とは関係無く、海外の投資家が円安になれば日本の株を買い、円高になれば売って、金儲けしているだけです。

ニューヨークダウと日経平均がほぼ連動していて、国の産業なんて殆ど株価に反映されていません。株価をニュースに取り上げる意味なんて全くない。

日経平均・NYダウ・ドル円相場 1

日経平均もNYダウもだいたい連動してるでしょ?


日経平均・NYダウ・ドル円相場 2
水色が上がる(円安になる)と株価が上昇し、水色が下がる(円高になる)と株価が下落してるでしょ?


円安になれば株価が上がる。世界の紛争でNYダウが下がれば日経平均も下がる。ただそれだけ。


細かい日々の動きはいろいろあれど、大きくは変わらないし、国の実体経済とは関係無く動いているので、ニュースの価値はない。なんでこんなのをトップニュースにするのか?


ついでに言うと、ユーロは加盟国全部が好景気の時だけ有効で、不景気の国が出てくると一気にダメになる通貨。

景気が悪い国は通貨発行を増やして景気を上げたいが景気が良い国は逆に減らして景気を冷やさないとバブルになるのに各国が独自に通貨を発行する権限が無く、欧州中央銀行に従わなければならない構造的欠陥を持っている。


ユーロ圏で一人勝ちのドイツは好景気のため、通貨発行量を増やせないのに、ドイツ以外は増やしたい。この関係を修復する方法は、ユーロ圏が政治的にも統合して、加盟国全部が完全に一つの国になるしかない。それができなければ、景気が悪い国は離脱する以外に生き残る道がない。

ギリシャなどの経済力の弱い国はユーロを抜けて異常に安い独自通貨で輸出や観光で稼いだ方が立ち直る可能性が高いが金融屋がそれをさせず、ユーロ危機から何年もズルズルと現状維持を続けてきた。

ドイツがギリシャのユーロ離脱を容認するらしいが、それは当然でしょう。



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ←「いいね」と思ったらクリックを


関連記事
スポンサーサイト

中国が沖縄嘉手納基地を想定した本格的軍事訓練を行っているPageTop竹中平蔵「正社員を無くしましょう」【こいつは日本を壊そうとしている究極の売国奴】

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

暴れん坊侍

Author:暴れん坊侍
*

妻(日本人)と娘・息子の4人家族を持つ生粋の日本人。

政治に目覚めたのは1982年冷戦まっただ中の頃。信頼できる情報を得る手段が少ない時代だった。

きっかけは、マモーノヴァ・ヴォズネセンスカヤ著「女性とロシア」。自由平等の理想天国だと宣伝されていた共産国家ソ連が牢獄国家だと知り、マスコミと教育機関による情報操作によって真実が隠されウソを信じ込まされている現実をまざまざと知った。


インターネットが一般化しだしてからネットを中心に活動を始めたが、保守系政治活動の中に潜むスパイの策略にかかって仲間を失ったのを機にそうした運動とは距離を置いている。


2014-11-02よりブログ始動

※ だいたい勢いで記事を書いてしまうので、誤字・脱字・文章表現のまずいところなどあるが、アップした後で修正するのが常である。ご了承願いたい。

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

メッセージ送信
フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。