スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【消費増税は詐欺】附則第18条を無視する気か!?それとも初めから無効なのか

「増税は経済成長を鑑みて決める」とする附則第18条があるから、増税反対派も増税法案を容認したはずだ。

ところが「増税停止には法改正が必要」との報道が巷に溢れている。法改正が必要な法案だったら、増税反対派は誰も法案を容認などしなかった。要は騙されたってことか?



消費税率の引上げに当たっての措置(附則第18条)

 消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させることを条件として実施するため、物価が持続的に下落する状況からの脱却及び経済の活性化に向けて、平成23年度から平成32年度までの平均において名目の経済成長率で3%程度かつ実質の経済成長率で2%程度を目指した望ましい経済成長の在り方に早期に近づけるための総合的な施策の実施その他の必要な措置を講ずる。

 この法律の公布後、消費税率の引上げに当たっての経済状況の判断を行うとともに、経済財政状況の激変にも柔軟に対応する観点から、第2条及び第3条に規定する消費税率の引上げに係る改正規定のそれぞれの施行前に、経済状況の好転について、名目及び実質の経済成長率、物価動向等、種々の経済指標を確認し、前項の措置を踏まえつつ、経済状況等を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含め所要の措置を講ずる。



財務官僚は「附則18条に増税を停止する効力はない」と、巧妙な官僚言葉で法案を作ったのか?

私は官僚独特の言い回しを理解する力がないので、この附則が増税停止の効力がないとは読めない。普通に読めば経済成長していないのだから増税は延期できると考えるだろう。


財務官僚が、法改正なしに増税を停止出来ない法案に作っていたのなら、増税反対派は詐欺に掛かったことになるし、附則18条を根拠に増税を延期できるのに、法改正必要だと報道されているとしたら、それこそ国民を騙している事になる。


いずれにしても、名目経済成長率3%に満たないのに再増税するって事は滅茶苦茶な話なのだ。、国民はまた騙されるのか?


附則18条が有効なら、経済成長率が低いままの状態が続くと、再増税で10%に上げるどころが、消費税8%に上げた事も間違いだった事になる。


それは消費税5%に戻す根拠にもなるし、財務省が「前回の3→5%に消費税増税した時に景気が悪化したのは、増税のせいではなく、アジア通貨危機が原因だった」という説明が大嘘だった事を裏付ける根拠にもなるのだ。


若い人は知らないだろうが、社会保障の財源不足や財政の悪化は日本経済の低迷によって始まったのであり、景気が良かった時にはそんな問題は無かった。財政再建だとか年金の財源がないなどという話は聞いた事がなかった。

つまり、景気さえ良ければ十分財源が確保でき、消費税なんて全く必要無かったのだ。


だいたい、消費税はもともと所得税を無くすとか、直接税を減らし間接税を増やす目的で議論された税金だった。

働いても働いても収入からたくさん天引きされるよりは、買ったモノから税金を取って所得税を減らしたほうが働きがいがあるだろう、と言われていたもので、経済成長を阻害してまで徴収するようなものではなかった。


本来、増税の前に経済成長が当たり前なのに、そんな議論はすっ飛ばされている。EUも「財政再建よりも経済成長を」とスタンスを変えたし、アメリカの財務長官も日本の消費増税反対を表明し、ノーベル経済学賞受賞学者クルーグマンも反対している。

だのに、なぜか日本は国民が貧しくなろうとも経済成長を阻害しようとも増税に血道を上げる財務省と彼らに取り込まれた勢力に振り回されている。


はっきり言おう。消費増税そのものが詐欺であると!


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ←「いいね」と思ったらクリックを

関連記事
スポンサーサイト

【2度と領海に入れなくしろ!】ロシアならサンゴ密漁船ごと爆破するぞ【英国に喧嘩売った】PageTop中国人さん!日本はやり放題ですよ!【サンゴ密漁・尖閣・竹島・中国人による土地買い】

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

暴れん坊侍

Author:暴れん坊侍
*

妻(日本人)と娘・息子の4人家族を持つ生粋の日本人。

政治に目覚めたのは1982年冷戦まっただ中の頃。信頼できる情報を得る手段が少ない時代だった。

きっかけは、マモーノヴァ・ヴォズネセンスカヤ著「女性とロシア」。自由平等の理想天国だと宣伝されていた共産国家ソ連が牢獄国家だと知り、マスコミと教育機関による情報操作によって真実が隠されウソを信じ込まされている現実をまざまざと知った。


インターネットが一般化しだしてからネットを中心に活動を始めたが、保守系政治活動の中に潜むスパイの策略にかかって仲間を失ったのを機にそうした運動とは距離を置いている。


2014-11-02よりブログ始動

※ だいたい勢いで記事を書いてしまうので、誤字・脱字・文章表現のまずいところなどあるが、アップした後で修正するのが常である。ご了承願いたい。

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

メッセージ送信
フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。