スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【軍歌・戦友】戦後日本人は先人に顔向けできますか?


「戦友」 合唱:フォレスタ

日本を守った明治の軍人の強くも優しい心を、これほど詩情豊かにアレンジした合唱は他にありません。


勇ましく歌うだけが軍歌ではありません。この歌は途中にスローなテンポで哀しみの思いを歌い上げるパートを挟み、戦友との友情と突然の死、死んだ友の家族を思いやる心情をドラマチックに表現しています。


この歌を聴くと、自分達は死を覚悟して戦った先人に顔向けできる日本人であろうかといつも反省させられます。



※中国の動画サイトで、広告やゲーム画面で少し待たされますが無視して下さい。


※途切れる場合は、一時停止を押してキャッシュが貯まってから再生するとスムーズに再生されます。
※4つの矢印マークは全画面表示です。



「戦友」 明治38年
作詞:真下飛泉、作曲:三善和気

1
ここはお国を何百里
離れて遠き満洲の
赤い夕日に照らされて
友は野末の石の下

2.
思えばかなし昨日まで
真先かけて突進し
敵を散々懲らしたる
勇士はここに眠れるか

3.
ああ戦いの最中に
隣りに居おったこの友の
俄かにはたと倒れしを
我はおもわず駈け寄って

4.
軍律きびしい中なれど
これが見捨てて置かりょうか
「しっかりせよ」と抱き起し
仮繃帯も弾丸(たま)の中

5.
折から起る吶喊(とっかん)に
友はようよう顔あげて
「お国の為だかまわずに
後れてくれな」と目に涙

6.
あとに心は残れども
残しちゃならぬこの体
「それじゃ行くよ」と別れたが
永(なが)の別れとなったのか

7.
戦いすんで日が暮れて
さがしにもどる心では
どうぞ生きて居てくれよ
ものなと言えと願うたに

8.
空しく冷えて魂は
故郷へ帰ったポケットに
時計ばかりがコチコチと
動いて居るのも情けなや

9.
思えば去年船出して
お国が見えずなった時
玄海灘で手を握り
名を名乗ったが始めにて

10.
それより後は一本の
煙草も二人わけてのみ
ついた手紙も見せ合うて
身の上ばなしくりかえし

11.
肩を抱いては口ぐせに
どうせ命はないものよ
死んだら骨(こつ)を頼むぞと
言いかわしたる二人仲

12.
思いもよらず我一人
不思議に命ながらえて
赤い夕日の満洲に
友の塚穴掘ろうとは

13.
くまなく晴れた月今宵
心しみじみ筆とって
友の最期をこまごまと
親御へ送るこの手紙

14.
筆の運びはつたないが
行燈のかげで親達の
読まるる心おもいやり
思わずおとす一雫


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ←「いいね」と思ったらクリックを


関連記事
スポンサーサイト

やっかいな【宗教サヨク】偽クリスチャンは反日の巣窟PageTopテロリスト拡散止まらず、欧米ロを巻き込み金融戦争も。宗教指導者は無力・平和に無関心

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

暴れん坊侍

Author:暴れん坊侍
*

妻(日本人)と娘・息子の4人家族を持つ生粋の日本人。

政治に目覚めたのは1982年冷戦まっただ中の頃。信頼できる情報を得る手段が少ない時代だった。

きっかけは、マモーノヴァ・ヴォズネセンスカヤ著「女性とロシア」。自由平等の理想天国だと宣伝されていた共産国家ソ連が牢獄国家だと知り、マスコミと教育機関による情報操作によって真実が隠されウソを信じ込まされている現実をまざまざと知った。


インターネットが一般化しだしてからネットを中心に活動を始めたが、保守系政治活動の中に潜むスパイの策略にかかって仲間を失ったのを機にそうした運動とは距離を置いている。


2014-11-02よりブログ始動

※ だいたい勢いで記事を書いてしまうので、誤字・脱字・文章表現のまずいところなどあるが、アップした後で修正するのが常である。ご了承願いたい。

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

メッセージ送信
フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。