スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【平昌五輪は韓国の責任・日本は無関係】悪や不正を曖昧にする日本人に真の自立はあり得ない


マスコミが連日、平昌五輪の開催が危ぶまれていると心配する報道を繰り返していますが、「日韓共同開催でいいんじゃない」とか「韓国国民がそれに大反対している」だとか、どうも肝心な事が抜けていて気持ちが悪い。


平昌五輪の開催を決めたIOCの決定のうさんくささ、
今のこの時期に騒ぎ立てる韓国側の胡散臭さ、
韓国と行き来してばかりの舛添都知事がしきりに発言し、東京五輪の代表者の森元首相からは一向に発言が聞こえてこない胡散臭さ、
マスコミ「日韓共同開催」容認姿勢の胡散臭さ。


揃いも揃って日本に金を出させようという魂胆が透けて見えるのは私だけではないでしょう。


最近のオリンピックは、IOC会長が「キム・ヨナが金メダルを取る」と発言したり、キムヨナの判定が明らかにおかしかったりして、韓国ロビーのワイロ攻勢の影響が色濃く出ている大会ばかりになっているのが現実。


平昌五輪開催の可否は韓国五輪関係者の責任とIOCの責任であって、韓国は全力を挙げて責任を遂行することが全てで、日本は全く関係の無い話。


東京五輪を成功させるのが仕事の舛添がうろちょろと話しに加わる筋合いは無い。


「いいじゃない。日本が協力してあげれば」と言うテレビコメンテーターがいるが、何か起こるといつも「いいんじゃない」とか「仕方がない」という曖昧な姿勢を振りかざすマスコミにいいかげんウンザリです。



もう忘れたと思いますが、韓国で行われたバドミントン世界大会での事。


会場の空調による強風で日本選手がまともに試合をさせてもらえず負けてしまった時、日本のマスコミがどんな放送をしていたか。

NHKバドミントン強風 gifアニメ 2

NHKバドミントン強風 gifアニメ 1

「韓国を抗議などせず、成熟した大人の対応をした方がよい」などという話を各マスコミが流し、日本バドミントン協会は韓国の不正行為を抗議せず。

NHKでは
NHKバドミントン大人の対応 1
NHKバドミントン大人の対応 2


とにかく、韓国・中国へは極端に低姿勢になれ、と言う報道ばかり。一生懸命練習してきた選手達の努力が報われなくて平気なんですかね。



悪や不正を簡単に赦してしまう情けない国民性が日本の伝統ですか?とんでもない!


聖徳太子が説いた「和を以て尊しとなす」は、議論の限りを尽くした後、最後は特定の誰かが得をせず、誰もが納得する結論に導くために神の目で裁定を下す事によって、お互いが納得して和が成り立つという意味です。


悪の入り込めない厳しさに裏打ちされた精神性が不可欠で、単に「仲良くする」という低次元な内容ではありません。


「神の目で見る」を、別の言葉で説明するならば、


禅の言葉
「両頭(りょうとう)倶(とも)に截断(せつだん)して、一剣天に倚(よ)って寒(すさま)じ」



両頭とは「Aが正しければBは間違い」のように、ある立場から物事を見て判断する考え方の事。


この言葉は、そういう相対的な考え方を脱して、「天の一剣によって本質に迫れ」、つまり「神の視点で物事のありのままの姿を見よ」と教える言葉です。


左翼は社会の下から物事を見、右翼は上から見ると言い、裁判では弁護人と検察官とに分かれて議論し合います。


本質は何か、真相はどうなのかを突き詰めるには、どちらの側にも立ち、どちらの側にも立たない、絶対的公平と絶対的中立とを以って曇りのない目で実相を見なければなりません。

当然、悪や不正を見逃すような甘さは通用しません。


古代の聖人たちは、厳しさと同時に罪を償った者への寛容さを持ち合わせた優れた精神性を持った人格者が多く、これこそが日本人の根本の精神。


何でも曖昧で、「なぁなぁ」で済ませようとする現代人は本来の日本の精神が欠如していると言わざるを得ません。


だから世の中の不正、例えば公に奉仕すべき官僚が天下りを繰り返して国民の支払った税金で一財産や二財産を築こうとも、理屈に合わない増税を強行しようとも「仕方がない」で赦してしまう。


悪に甘い事は「大らかさ」ではありません。



愛と許しと博愛の宗教と言われるキリスト教も、悪に甘い宗教でしょうか。


イエスキリストは神殿で商売をしている者どもの商売道具を叩き壊して追い出してしまう、悪には大変厳しい方でした。


キリスト教は新約聖書と共に旧約聖書も聖典としていますが、旧約聖書は「目には目を、歯には歯を」の非常に厳しい戒律の世界。


そんな古くさい聖典がなぜ廃れていないのかというと、人殺しの罪が許されるには「自分の命を捧げても良い」という「目には目を」の精神を伴って初めて、罪を償ったと認められ、キリストの説いた「許し」の恩恵に与れるわけです。


許しにはそれに相応しい心による償いが必要であり、無条件に悪を赦すという教えはありません。


キリスト教が形骸化しているとはいえ、欧米人の悪に対するはっきりとした姿勢が見られるのはいまだに偉人が残した精神性を失っていないという事でしょう。


それに対して、不正に曖昧な態度を取る日本人は、本当に大事な精神を失ってしまっていて、そういう姿勢でいる限り、日本人の真の自立はあり得ないと言えるでしょう。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ←「いいね」と思ったらクリックを


関連記事
スポンサーサイト

過激化する中国・北朝鮮:「日本を敵」と表明(中国)、20倍規模の軍事訓練(北朝鮮)PageTopマンガでわかる在日外国人特権・日本人の血税で外国人を養っていた!

Comment

ささやき様 メッセージありがとう御座います。

> 舛添都知事からは「海外都市との共同開催は難しい」という発言がありましたが、まったく安心できません。

2万パーセント無いといって立候補した人もいましたっけ。舛添知事は裏でIOCとも韓国とも繋がっていそうですね。



>不躾な質問になりますが・・・

一応、いろいろかじってますが、どこにも所属はしていません。

ささやき様

> ご返答ありがとうございます。
> 穿ちすぎた質問だったようで、大変失礼いたしました。

いえいえ、構いませんよ。

メールフォームを用意しましたので、非公開の質問でしたら、そちらからメッセージを送って下されば、ホンネの内容を返信できますので、できれば、そちらにお願いいたします。

こちらもFCブログ初心者なもので、用意が足りませんでした。申し訳ありません。

> 自分の勉強不足のせいか彼らの目的がわかりません。(日本人を団結させる以外のメリットしか思い浮かばない、むしろこの動き、中国に利用されているような気がしてます。)

かなり深い理由があるんですが、いずれ明らかにしていきたいと思います。


祇園祭のお神輿に古代イスラエルの絵がかかっているとか、真言宗・高野山にキリスト教のモニュメントが・・・とかね。いろいろあるんです。

> もっともキリスト教側にも多分に問題があると考えています。

そうですね。問題が多すぎますね。

左傾化しているのも、全ての根本は、「主よ、主よ」と言いながら「神様とは関係の無い事をやっている」の一言に尽きるでしょうね。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

暴れん坊侍

Author:暴れん坊侍
*

妻(日本人)と娘・息子の4人家族を持つ生粋の日本人。

政治に目覚めたのは1982年冷戦まっただ中の頃。信頼できる情報を得る手段が少ない時代だった。

きっかけは、マモーノヴァ・ヴォズネセンスカヤ著「女性とロシア」。自由平等の理想天国だと宣伝されていた共産国家ソ連が牢獄国家だと知り、マスコミと教育機関による情報操作によって真実が隠されウソを信じ込まされている現実をまざまざと知った。


インターネットが一般化しだしてからネットを中心に活動を始めたが、保守系政治活動の中に潜むスパイの策略にかかって仲間を失ったのを機にそうした運動とは距離を置いている。


2014-11-02よりブログ始動

※ だいたい勢いで記事を書いてしまうので、誤字・脱字・文章表現のまずいところなどあるが、アップした後で修正するのが常である。ご了承願いたい。

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

メッセージ送信
フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。