スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【朴槿惠】「世の中終える日が悩みが終わる日」【心が折れたか・世界滅亡を願っているのか】


国家元首がこういう事を言うとは、韓国ももう終わり。


日本を叩いて国内経済がうまくいかない批判の目を逸らす努力も水泡に帰する情勢。


慰安婦問題で日本を貶めようと一国の長ともある者が、嘘八百を並べたてる反日活動家の先棒を担いでいたが、嘘で世界を覆い尽くす前にアメリカで慰安婦証言の嘘がバレてすべてが裏目。


人の目を欺くのではなく、本当の実績を積み上げるべき事を怠ってきたすべてのツケが今、各界から朴槿惠への不満として噴出し、打つ手無しの状況に心ここにあらずか。


うがった見方をすれば、世界滅亡を秘かに願っているとも取れるような意味深な発言です。

パククネ「セカイの終わる日が悩みの消える日・・」 - 政経ch
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-17686.html
情報元:韓国聯合ニュース(excite翻訳)
http://www.excite-webtl.jp/world/korean/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fwww.yonhapnews.co.kr%2Fpolitics%2F2014%2F12%2F02%2F0505000000AKR20141202118700001.HTML&wb_lp=KOJA&wb_dis=2&wb_chr=

'正閠会国政介入'文書流出波紋が拡散する中でパク・クネ大統領が2日"世の中終える日が悩みが終わる日"と話して目を引いた。

パク大統領はこの日統一準備委員会第3次会議を終えた後参席者らと昼食を一緒にした席でこのように話した。

パク大統領は"聖書にもそのような話をしたことで記憶になるのに人々が苦難が多い"として"常に困難もあって、高民度下でそれで'世の中終える日が悩みが終わる日'と話すほど困難が多い"と話した。

大統領府周辺ではパク大統領のこのような言及が'正閠会文書'波紋から飛仙(ビソン)実力者国政介入疑惑と権力暗闘説論議などが増幅されるや自身の不便な心境を迂回的に表わしたのではないかとの解釈も出てきた。



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ←「いいね」と思ったらクリックを


関連記事
スポンサーサイト

【韓国漁船沈没事故】なぜか日本の大手マスコミはダンマリPageTop【韓国】慰安婦の嘘見抜く米国著名人「日本軍が貴重な資源を女性の強制連行に費やすはず無い」

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

暴れん坊侍

Author:暴れん坊侍
*

妻(日本人)と娘・息子の4人家族を持つ生粋の日本人。

政治に目覚めたのは1982年冷戦まっただ中の頃。信頼できる情報を得る手段が少ない時代だった。

きっかけは、マモーノヴァ・ヴォズネセンスカヤ著「女性とロシア」。自由平等の理想天国だと宣伝されていた共産国家ソ連が牢獄国家だと知り、マスコミと教育機関による情報操作によって真実が隠されウソを信じ込まされている現実をまざまざと知った。


インターネットが一般化しだしてからネットを中心に活動を始めたが、保守系政治活動の中に潜むスパイの策略にかかって仲間を失ったのを機にそうした運動とは距離を置いている。


2014-11-02よりブログ始動

※ だいたい勢いで記事を書いてしまうので、誤字・脱字・文章表現のまずいところなどあるが、アップした後で修正するのが常である。ご了承願いたい。

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

メッセージ送信
フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。