スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【テレビ朝日に仏罰のブーメラン!】韓国=対馬の仏像盗難事件で視聴者に説教 【盗まれても物に執着するな?】



昨日のテレビ朝日・報道ステーションの報道が物議を醸しているそうです。

韓国人の窃盗団が対馬の仏像と教典を盗み逮捕されたという事件で、仏教の教えを説き、肝心のニュースの解説はどこへやら・・・という謎の展開に。


[経緯]
司会の古舘伊知郎が冒頭に対馬でまたも仏像とが盗まれるという事件のあらましを伝えた後、
報道ステーション古舘伊知郎 仏像を韓国人が盗み

また別の面から考えますと、仏教というのはそもそも執着はダメだよという教えでもあるんですけどね。」と何か意味ありげなセリフ。

そこで映像。
報道ステーション古舘伊知郎 仏像を韓国人が盗み

ひととおり今回の事件と2年前にも盗まれた時の様子を伝える映像の最後になぜか説教が入ります。

ナレーター「最後に、仏教の教えを説きたいと思います。 (えぇ?急に何?)

今ある自らの命でさえも、一時的に預からせていただいているものです。 (それが事件の総括?)
報道ステーション古舘伊知郎 仏像を韓国人が盗み

すべては借り物、だれのものでもないのです (仏像は梅林寺のものだけど?)
報道ステーション古舘伊知郎 仏像を韓国人が盗み

映像が終わり
古舘伊知郎「・・・と仏教が教えてくれているはずなんですよね。」と続く。
報道ステーション古舘伊知郎 仏像を韓国人が盗み

古舘「韓国が仏像を返さないのは何をか言わんやというのがあるんですけれども。そりゃぁもう対馬の方々、お寺さんが本当に、と言うのもわかるんですけど。

ただ、その。般若心経の有名なお経で言うと”囚われる事から離れなさい”と。

”こだわる事から離れなさい”と。

”囚われない心、こだわらない心”と。

そう言う事を教えてくれているんですね。



今日なんかずっとニュースを見ていますと、ずーっと「仏像が盗まれた」と。これはもう本当に大事な事なんですけれども、とんでもないんだけれども、教典が盗まれた事はそっちよりも執着が薄いんですよ。


一番肝心な教えがそっちに書いてあるんでしょ。物に執着する我々みたいな、浮き彫りになるんですよ。皮肉にも。



(意味不明な女子アナの相づち)


では、物とお金にこだわってみましょうか。株と為替ですけど・・・」と言いつつ次のコーナーへ。

[以上]
-----------

仏像と教典が盗まれた事件についてのコメントが何も無くて、「物にこだわるな」ですか。それだと韓国人窃盗団の犯行を赦してあげなさいと言う事にしか取れません。


いつも気になっているんですが、多くの人が誤解している「ゆるし」という言葉。


「赦(ゆるす)」という漢字は悪事を見逃し野放しにする意味です。


ところが、同じ「ゆるす」でも「許す」だと、立派に罪を償い、心からの反省が認められれば、罪から釈放してあげるという意味です。


仏教であれキリスト教であれ、「許し」を使うのが普通。何の条件も無しに赦すという発想はありません。


朝日や毎日、その他サヨク系の人達は、韓国人や中国人の悪事はひたすら「赦せ」。日本に対しては「断じて許さない」スタンスに”執着”しています。


テレビ朝日は、韓国人の犯行を無条件に赦せと言わんとして、仏教の教えを引用していますが、意味を完全に取り違えています。


番組が引用した「こだわりや囚われを捨てる」とは「我欲にまみれた悪い心」を捨てる事が目的。


そうすれば、本来の自分が現れてくる。決して自分の存在そのものを否定してしまう事にはなりません。


仏教の本質はそこにあります。


我欲を捨てれば、仕事を行う際にも、正しい目的のもとに正しい行動を取る事ができ、自分自身を見失う事はありません。


テレビ朝日の報道には、自分を見失った哀れさを感じますが、それは彼らが「よこしまな考え」や「邪心」を捨てていない事によるものです。


自分達サヨク業界の利益を守る事が目的化して、真実を伝えるという本来の報道の目的に合わない行動をしているために、こうしたお粗末な報道になってしまいます。



仏教を利用して物事の本質を歪めるその報道姿勢。神様が放置しておくとは思えませんゾ。お釈迦さんも、どうご覧になっておられるでしょうね。


神様とお釈迦様を敵に回すテレビ朝日に未来はあるか? いずれ答えはでるでしょう。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ←「いいね」と思ったらクリックを


関連記事
スポンサーサイト

【12月10日一斉摘発か!】【テロ支援団体滅亡!】NPO法人は政治活動禁止!小4なりすましNPO「僕らの一歩が日本を変える」は違法団体!PageTopニュース番組へのタレントの起用 外国人の目には異様に映る【日本の常識は世界の非常識】

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

暴れん坊侍

Author:暴れん坊侍
*

妻(日本人)と娘・息子の4人家族を持つ生粋の日本人。

政治に目覚めたのは1982年冷戦まっただ中の頃。信頼できる情報を得る手段が少ない時代だった。

きっかけは、マモーノヴァ・ヴォズネセンスカヤ著「女性とロシア」。自由平等の理想天国だと宣伝されていた共産国家ソ連が牢獄国家だと知り、マスコミと教育機関による情報操作によって真実が隠されウソを信じ込まされている現実をまざまざと知った。


インターネットが一般化しだしてからネットを中心に活動を始めたが、保守系政治活動の中に潜むスパイの策略にかかって仲間を失ったのを機にそうした運動とは距離を置いている。


2014-11-02よりブログ始動

※ だいたい勢いで記事を書いてしまうので、誤字・脱字・文章表現のまずいところなどあるが、アップした後で修正するのが常である。ご了承願いたい。

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

メッセージ送信
フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。