スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■【ドイツ自動車会社と移民問題】中国韓国傾斜で不祥事は必然|移民で成功した国は皆無【移民もグローバリズムも反対】


フォルクスワーゲンの排ガス不正事件。その内容そのものを論じるつもりではないが、詳しく知らない方のために参考サイトをまず紹介。

NewsUS|独VW、米排気ガス検査での不正認める-制裁金は2.1兆円超か
http://www.news-us.jp/article/426390404.html

VWとアウディ部門のディーゼルエンジン車は、当局による検査の時だけ排気ガスをコントロールする機能がフル稼働するソフトウエアを搭載」
通常走行時の排気ガスは基準の10-40倍に達する」


-----------

NewsUS|VWのディーゼルで汚染されたパリの空をご覧ください
http://www.news-us.jp/article/426669960.html

東京上空
東京上空

ディーゼル汚染したパリ
ディーゼル汚染パリ

北京
北京


フォルクスワーゲン、アウディだけでなく、BMWも。

時事通信|「独BMWも11倍超過」=欧州排ガス基準-米NPO調査
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201509/2015092400892&g=int

実走時は効果が弱まるよう制御されており、有害物質は最大で米基準の40倍に達していた。


ベンツはタイヤを韓国製に。

NewsUS|韓国ハンコックタイヤ、ベンツにタイヤ供給
http://www.news-us.jp/article/426610363.html

「韓国ハンコックタイヤはメルセデスベンツのC-クラス・プラグインハイブリッド(PHEV)モデルである「C350e」に新車用タイヤを供給すると22日明らかにした。」

韓国ハンコックタイヤはメルセデスベンツをはじめBMWやアウディなどドイツ3大自動車メーカーに新車用タイヤを供給している。今年1月からはポルシェにも納品している。」


日本では韓国産タイヤで自衛隊の車両が死亡事故を起こしているのに。


2012年にはこんな情報も。

NewsUS|アウディ「日本人皆殺し!尖閣は中国領!」
http://www.news-us.jp/article/293076276.html

ドイツの自動車メーカー、アウディの中国支店が信じられないメッセージを発信しています。「日本全員を殺す、それで自分たちがどうなろうとも尖閣の領有権は譲らない


VW中国「日本車を捨ててVWに乗り換える人は25万円引き!釣魚島は中国だ」キャンペーン。VW本社はこのキャンペーンを推奨


--------------
北京の大気汚染の原因の一つがドイツ車だとしたら、日本に飛来するPM2.5もそうなのだろう。日本人の健康を犠牲にしながら規制の殆どない中国で大量に売りさばきトヨタを抜いて世界一の販売台数だと誇っていたのは何だったのか?


天津市で大爆発が起きた時に大量のフォルクスワーゲン車が黒焦げになったのは天罰だったのだろう
天津大爆発 フォルクスワーゲン



ドイツの中国や韓国に擦り寄る姿勢は目を覆うばかりだが、もともとドイツは裏表の激しい国でもある。

ドイツにはビスマルクのように欧州で戦争が起こらないように外交に飛び回り、欧州各国の同盟関係を一人で構築した善君がいた反面、戦前の日本と同盟を結びながら、中国国民党軍に武器を提供し軍事顧問団を覇権した油断のならない国だった。


今も昔もドイツにはまともな種族と、中国や韓国に気が合う悪い種族があるような気がする。在日が大勢いる日本がそうであるように。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ←毎日一度のクリックをお願い!



本来のドイツ人は日本人に似て、勤勉で生真面目な国民性だと言われてきた。

昔、篠田雄次郎著「日本人とドイツ人」という日本人とドイツ人との比較文化論を読み古き良きドイツを知ったのだが、1977年に出た本なので、あれから40年足らず経つ間に世界は大きく変わった。

http://www.amazon.co.jp/日本人とドイツ人―猫背の文化と胸を張る文化-1977年-カッパ・ブックス-篠田-雄次郎/dp/B000J8XS3O
日本人とドイツ人



この本によれば、本来のドイツ人気質を一言で言えば、例外を認めず原理原則は曲げない、どこまでも筋を通す国民性。

日本の現代人は簡単に例外を認めてしまって「まぁまぁ、いいじゃないか」としばしば原理原則から逸脱するのとは対象的。日本人の生真面目さとは質に於いて異なる。

(とはいえ、武家社会の頃の日本は、刀鍛冶が神聖なる神事として行われていたなど、単に生活のための仕事とは次元の異なる生活様式があり、ドイツ以上に厳格な原理原則があると同時に自由な気風に満ちた社会でもあった。)


またドイツは非常にプロフェッショナルを尊び、あらゆる職業がプロを自認している様子を多くのエピソードで紹介されていた。

例えば、欲しい本の題名がわからない時に、書店店員に本の一節を伝えただけで本を探し出して持ってきてくれるとか、家庭の主婦も家の中をピカピカに磨きあげる事が当たり前で主婦業をプロの仕事だと認識していただとか。

教育のシステムも、子供の成長の各段階に身につけるべき内容がきちんと定義づけられ、それに沿ったシステムになっているだとか。煙突掃除に免許がある事も初めて知った。


今回のドイツ車の不祥事の中身が詐欺的な内容なだけに、昔のドイツ人気質は既に死に絶えてしまったのかとがっかりした人は多いはずだ。

日本も似たようなものだが、日本の場合は毒亜3国が支配するメディア情報によって浸食されるたびに国柄や国民性が失われていき、在日韓国・朝鮮人がやらかした事が日本人の不祥事として扱われている。



ドイツもトルコ人移民を受け入れた事がきっかけで国民性が失われたのは確か。

当初、ドイツ語を話せなかったトルコ人達はドイツ人に比べて所得が低く、それでも母国よりも遥かにマシな生活が出来ていたのに、2世3世になってくるとドイツ人に比べて劣った生活環境のために差別意識が生まれ、ドイツ人を嫌うトルコ系移民だけのコミュニティが教育格差、治安の悪化によって劣悪化していった。

これは欧州全体が直面している移民受け入れ政策の失敗に共通している現象である。特に、グローバリズムの導入以降、かつて白人達が職人的にやっていた手作業を低所得者の移民にやらせ、自分たちは手を汚さない仕事を主にやるようになり、人々から職人気質を失わせる原因となった。


経済を形成する要素は、人・物・金。

物に価値があった時代には物作りに必要な創造性や技術力の向上が常に要求され、人自身が持つ創造力や技術力も磨かれていった。

ところがグローバル経済は、物よりもお金や有価証券に価値がある世界。

会社は株価を上げるための道具となり、いかに利益を出し配当金を出せるかが問われるようになった。利益を上げるためには人件費をカットする事が最優先で創造性や技術力は二の次。

人はその能力だけを提供すればよく賃金が安い事が最も重要。


グローバリズムの進展とともに低賃金労働者としての移民受け入れが進み、中国の安い労働力や韓国製の安い部品が珍重されてきた。社長は自分の会社の自動車に劣悪な部品が使われている事など知りもせず、詳しいのは会社の財務と株価の事ばかり。


こうなってくると、ドイツ車の問題は起こるべくして起こったと言えるだろう。


日本国民はドイツ車の問題を、「グローバリズムによる歴史的大失敗を世界的レベルで目にしている」という事をわかっていないと、世界が失敗した移民政策の失敗のそのツケを日本人が支払わされる事になる。


移民受け入れ推進という馬鹿な意見がマスコミを賑わしているが、中東の移民が可哀想だと無責任にも感情論で報道されているのがそれだ。


民族自決の原則を打ち出した欧米が、移民受け入れで民族自決を自ら放棄し、中東諸国の利益を独占し彼らの近代化を阻止してきた歴史的なツケを、今更世界中にその負担を求めるなど筋が通らない。


日本は日本国に忠誠を誓い、日本のために働く意志も能力もある者だけしか移民を受け入れてはならない。失敗した欧米の二の舞になってはならないのだ。


欧米がイスラム国家に犠牲を強いてきたため起こった移民問題なのだから、今度は欧米が自ら犠牲を払うべきである。それが嫌だったらEUは移民政策そのものを撤廃し、グローバリズムを捨て、それぞれの民族性を大切にしてきた古き良き時代に帰り、特色ある民族による国家を取り戻すべきだ。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ←毎日一度のクリックをお願い!


関連記事
スポンサーサイト

体調悪化につきしばらく休みますPageTop■【犯罪者集団・民主党】カメラ撮影の邪魔をしてセクハラ暴力男・津田弥太郎の犯罪を隠す協力者【手慣れた隠蔽工作】

Comment

移民

7月、8月の2ヶ月間ミュンヘンにいました。
私が去った直後、あの大量の移民が押し寄せ大騒ぎに!
もう既に街はトルコ系を中心とした大勢の移民が生活基盤を持ってました。イタリア人出稼ぎ労働者も多く、やたらイタメシ屋が目につきました。

昼間ショッピングモールを歩いているとベビーカーを押したドイツ人ママ友軍団に出会いますが、一方ベールをまとったイスラム系ママ友軍団もベビーカーを押し、こちらはベビーカーの両側に幼子を連れている。ドイツ人ママは一人につき大抵赤ん坊が一人、イスラム系ママは一人につき3~5人の子供を連れている。

イスラム系ママとドイツ系ママが混じったママ友軍団を見ることは決してなかったです。このままでは近い将来ドイツは二極化しイスラム教徒人口の方が多くなるのではと本気で思いました。



こんばんは。

ドイツも劣化してしまったと言うか・・・あんなごまかしをやって取り返しが尽きません。
チナに深入りしてしまう日本のチナ派のように精神がずれてるんですね。拝金主義のなれの果て。チナと仲良くなるのは同類だからです。ドイツ車業界の哀れな姿がお気の毒。
西と東で経済崩壊の兆しは世界経済に大きく影響が出てきます。

kの法則と同じくCの法則も係わると碌なことはない。

精神性を重んじない風潮と言いますか…即物的なものもの金かねの追及は哀れな結末を招きます。
日本も左翼の唯物思想にお別れをしてもっと精神性を高めるようにならなければなりませんね。

いいエントリで気分がすっきりしましたわ。

Re: 移民 白うさぎ様へ

> 7月、8月の2ヶ月間ミュンヘンにいました。
> 私が去った直後、あの大量の移民が押し寄せ大騒ぎに!


イタリアの次はドイツですか?実にタイムリーですね。


> もう既に街はトルコ系を中心とした大勢の移民が生活基盤を持ってました。イタリア人出稼ぎ労働者も多く、やたらイタメシ屋が目につきました。


イタリア経済も火の車ですもんね。みんながドイツを目指してこれからますます大変になる。


> 昼間ショッピングモールを歩いているとベビーカーを押したドイツ人ママ友軍団に出会いますが、一方ベールをまとったイスラム系ママ友軍団もベビーカーを押し、こちらはベビーカーの両側に幼子を連れている。ドイツ人ママは一人につき大抵赤ん坊が一人、イスラム系ママは一人につき3~5人の子供を連れている。


それじゃイスラム系移民が増えるばかり。
オランダは険悪な内戦状態でしたし、イギリスも恐ろしい位に増えてますし。
フランスはテロばかり。

欧州は移民でボロボロです。


> イスラム系ママとドイツ系ママが混じったママ友軍団を見ることは決してなかったです。このままでは近い将来ドイツは二極化しイスラム教徒人口の方が多くなるのではと本気で思いました。


今のままだと確実にそうなると思いますよ。
EUという枠組みそのものが失敗だったと結論を出すべきじゃないかな。

国というものがいかに大切か。
これを安易に踏み越えてしまうことの恐ろしさを欧米人が身を以て体験している状態です。


日本はその失敗から学ばないといけません。

薔薇姫s様へ

> こんばんは。


こんばんは。


> ドイツも劣化してしまったと言うか・・・あんなごまかしをやって取り返しが尽きません。


不正なアプリは中国製じゃないかな。悔しいけど中国製のソフトは性能が良かったりする。オンラインソフトが気に入って調べてみたら中国系企業を隠してるのって多い。うっかり金を払いかけてやめた。至る所に罠が・・コワイワー


> チナに深入りしてしまう日本のチナ派のように精神がずれてるんですね。拝金主義のなれの果て。チナと仲良くなるのは同類だからです。ドイツ車業界の哀れな姿がお気の毒。


同類の人たちも声が大きいんでしょうね。真面目なドイツ人は日本人みたいにあまり声を上げない人なのかも。


> 西と東で経済崩壊の兆しは世界経済に大きく影響が出てきます。


ユーロ圏はドイツ経済のみでもってたので、唯一の頼みの綱が切れた時にゃ、それはもう大変な事になる。VWは倒産は必至。


> kの法則と同じくCの法則も係わると碌なことはない。


ドイツのチャイナ依存度ってたかだか5%程度で、その殆どが自動車輸出。もう関係は切れるでしょう。


> 精神性を重んじない風潮と言いますか…即物的なものもの金かねの追及は哀れな結末を招きます。
> 日本も左翼の唯物思想にお別れをしてもっと精神性を高めるようにならなければなりませんね。


それを成し遂げるにはグローバリズムと決別する事。グローバリズムはもう限界に来てると思います。


> いいエントリで気分がすっきりしましたわ。


そう言われるとうれしいです。

呆れるニュースばかりで、いささか疲れ気味の暴れ侍です。

おつかれさまです。おつかれついでに注文をひとつ。田母神さん関連の情報がそろそろほしいとこです。なにか動きはありませんか。

ドイツの移民政策の失敗は、「自業自得」のところがあります。

1960年代から、人出不足に対応するため、ドイツは主にトルコなどから移民(最初は出稼ぎ)を受入れました。(現在は人口の20%は外国移民)

日本も60年代の「高度経済成長期」も深刻な人手不足でした。

しかし、安易で低廉な労働力に頼るべく、日本は「移民」や外国人労働者の受入れは、ほとんどしませんでした。
 
結果として「作業効率の改善」や「機械化」「ロボット化」による「生産性の向上」を実現して「技術立国」となり、経済成長して「経済大国」となったのです。(失業率2%台)

(当時の経営者はどんなに不景気でも「安易なリストラ」でなく、「雇用安定を第一」に考え、従業員のことを思い、再教育して現場に投入すべく歯を食いしばって耐えたのです。)

現在、日本も「人手不足」だから移民の受入れといった話があります。

しかし、安易に移民を受入れになると経済的には「生産性向上」はしがたく、
これ以上の発展も成長も過去の例から、むしろ「抑制」されるでしょう。

(治安悪化、教育問題、宗教問題、格差、貧困……、一部を除いて誰も幸せにならない移民政策です。しかも外国人の大半は統計上中国人です。安全保障はどうなるのでしょうか。)

そもそも日本は「貿易依存度」は10%台と諸外国と比べて低いです。
しかも、GDPの7割が「内需」を占める国です。
なぜ、グローバルで世界に打って出るべく「実質賃金」を下げる政策が必要なのでしょうか。

(消費や投資といった「需要」が減り、国民が貧乏になりGDPが下がります。)

安倍首相は、先日、名目GDP600兆円の目標と
新アベノミクス3本の矢を発表しました。

その内容の一つとして、「介護離職をゼロにする」があります。
最初聞いた時は、低賃金で重労働の介護従事者の待遇を改善するのかな・・・
とおもいましたが、どうやら違うようです。

(介護によって離職せざるを得ない人をゼロ)
https://www.youtube.com/watch?v=JDF_qI-XY5o


「介護分野で外国人の低廉で大量の労働力を使って儲ける」といった
「産業競争力会議」の民間議員(民間人)で大手人材派遣会社パソナグループ取締役会長竹●平蔵氏が喜ぶような政策は止めるべきです。

安倍首相も「移民政策」は明確に反対しています。(2014.4.20放送たかじん)

しかし、ペテン師とまでとは言わないにしても「外国人労働者の受入れ拡大を推進する」といった移民政策と変わらないことを推進することは止めてほしいです。

シリア難民の大量流入でヨーロッパは大変なことになっています。

日本は1982年に国連の難民条約に加入しています。
条約の内容に従って「適正」に難民受け入れを認めているだけであって、
「数が少ない」ことをもって文句を言われる筋合いはありません。

(日本は人道支援でシリア本国の安定のため難民が再び地元で暮らせるように再建のための援助はすべきです。価値観はそれぞれあるとはいえ、移民や難民に限らず人は生まれ育った国や地域で暮らし働き家庭を持ち、過ごせるのが本来は幸福です)

アメリカの無能オバマ大統領の中東外交の失敗のせいとはいえ、
ヨーロッパの現状を「他山の石」として移民政策(難民とは正確には異なるけど)の危険性や「偽善」であるグローバリズムの現状を知ってほしいです。

ギリシャやスペインの失業率は20%を超えて、他の国も軒並み10%超えています。(若年失業率は50%)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NTZOP36M62HL01.html

同じユーロ加盟国として国民の困窮を救うべく「財政出動」に反対して、他国をいたぶっているドイツや中国のように、日本は「道義のない」国になってはいけません。

 こんばんは。
日本も東芝の粉飾決算事件もありました。株主涙目の、企業の信用失墜だのの影響は多々ありますが、東芝はVWと違って技術の信用が落ちた訳ではありませんので。全世界のユーザーを騙すなんざ、東芝はドイツ様の足元にも及びませんね。

東芝には4000億の民間からの融資が決まったそうな。VWは米国の制裁金(各国にも波及か)、株主訴訟での懲罰的賠償金、個人ユーザーからの集団訴訟の賠償金などで潰れると思います。あとは国有化し、税金をジャブジャブ使うしかないのかも知れませんね。

「トヨタに負けた」と言うドイツ国民の怒りの矛先を、関係の無い日本やトヨタにぶつけるのだけは止めて欲しいですが。

ブラジルはじめ中南米は半世紀ほど前に移民で成功しましたが。

北米と南米は移民前提で成り立ってきた国家です。日本のような単一民族国家とは違うので、一概に比べてはいけません。

また、そもそも北米と南米には先住民(インディアン、インディオ)がおりましたが、白人やスペイン人らによって殺戮、略奪され、現在では彼らは少数民族となっています。

この歴史を見ると、移民で成功したというよりも、移民が先住民を虐殺などで追い出し、国を乗っ取り、今の国家が出来上がったというわけで、移民で成功したというのとは少し違うのではないかと思います。

また、中南米の治安は非常に悪く、少年犯罪、窃盗、殺人や麻薬取引、売春などは日常茶飯事、スラム街なども大量にできています。日本における外国人犯罪率も、ブラジル人などは非常に高いです(特亜よりは低いですが)。

また、そもそも移民は異民族が同じ場所に住むことによる、宗教、民族対立のようなものを発生させることも多く、下手すればアフリカや中東などで発生している民族、宗教間の紛争のようなものを国内に持ち込む可能性もあります(少し前の、在日トルコ大使館前でのトルコ人とクルド人の対立などはその一例)。

彼らを追放しようとすれば、今度は「差別だ」「人権だ」などと騒ぐ集団がいるので、追放するのはさらに難しくなります。彼らが子供を作れば尚更厳しい問題(子供のアイデンティティの問題など)になります。

やはり移民は日本やドイツなどではプラスにはなりませんね。移民前提の国家以外では確実に失敗すると思います。少なくとも移民で良くなったと言えるのは米国くらいかもしれません。(それも先住民の追放と虐殺後ですが)。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

暴れん坊侍

Author:暴れん坊侍
*

妻(日本人)と娘・息子の4人家族を持つ生粋の日本人。

政治に目覚めたのは1982年冷戦まっただ中の頃。信頼できる情報を得る手段が少ない時代だった。

きっかけは、マモーノヴァ・ヴォズネセンスカヤ著「女性とロシア」。自由平等の理想天国だと宣伝されていた共産国家ソ連が牢獄国家だと知り、マスコミと教育機関による情報操作によって真実が隠されウソを信じ込まされている現実をまざまざと知った。


インターネットが一般化しだしてからネットを中心に活動を始めたが、保守系政治活動の中に潜むスパイの策略にかかって仲間を失ったのを機にそうした運動とは距離を置いている。


2014-11-02よりブログ始動

※ だいたい勢いで記事を書いてしまうので、誤字・脱字・文章表現のまずいところなどあるが、アップした後で修正するのが常である。ご了承願いたい。

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

メッセージ送信
フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。