スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■【美術大学と朝鮮大学校の闇】佐野はパクリ作品で国際賞受賞!多摩美大の生徒もパクリだらけ【博報堂・電通の専属デザイナーが牛耳る世界】


(修正の上、構成を少し変えました)

今度は、佐野氏が取った国際的なデザイン賞受賞作品がパクリだった事が判明したんだから、佐野氏はもう終わりだろ。パクリしまくって世界の賞を総なめしたなんて、日本の恥だ。

【激震】佐野研二郎の国際賞受賞作品にパクリが見つかった | netgeek
http://netgeek.biz/archives/47637

佐野研二郎氏がつくった作品「MADE BY HANDS.」はニューヨークADC金賞、 ロンドンD&AD金賞イエローペンシル、ONE SHOW DESIGN金賞、 カンヌライオンズ金賞を受賞した超看板作品。

佐野パクリ 多摩美広告

佐野パクリ 多摩美広告 パクリ元

(詳しくはリンク先をご覧下さい。)
------

佐野氏の母校、多摩美術大学、金田沙織さんの卒業制作優秀賞作品と他3作品が絵本作家いわさきちひろ氏のパクリだと判明。この大学は教え子達にパクリの手法を教えてるのか?!

【炎上】多摩美術大学の卒業制作優秀賞、有名画家いわさきちひろの作品に酷似 | netgeek
http://netgeek.biz/archives/47958

金田沙織さんの作品
多摩美 パクリ 1
いわさきちひろ作
いわさきちひろ 1

金田沙織さんの作品
多摩美 パクリ 2
いわさきちひろ作
いわさきちひろ 2

金田沙織さんの作品
多摩美 パクリ 3
いわさきちひろ作
いわさきちひろ 3

(詳しくはリンク先をご覧下さい。)
--------
保守速報|多摩美大生の「卒業制作優秀作品」に重大な盗作疑惑!「名菓ひよ子」グッズを無断作成・販売した学生も
http://hosyusokuhou.jp/archives/45311208.html
(詳しくはリンク先をご覧下さい。)
------

もうデザイン業界は朝鮮系の背乗り日本人だらけなんですか?真面目にデザインやってる人は怒ってますよ。

美術・デザイン業界は闇が深そうです。

驚くべき事に武蔵野美術大学が朝鮮大学校に隣接しているため朝鮮大学校からよく盗みに入られていたそうです。初めから盗む目的でここに建てたのでしょう。


朝鮮大学校 創価 武蔵野美術大学 2

武蔵野美術大学といえば、美術系大学の一流校。

美大ランキング

「美大ランキング 子どもを美大に行かせる方法 ①まずは美大のランクを知ろう ダッド」より

その周りは創価小学校、創価中学、創価高校が集まっている。

朝鮮大学校 創価 武蔵野美術大学 1

パクリエーター佐野研二郞の母校、多摩美術大学の協力校に創価大学があり、ここでも創価繋がりが垣間見える。

サーバーネームが「ジャップ」で在日説が濃厚の佐野氏だが、自分達で創造出来ないのを、盗んで手に入れようとする習性が美術界のそこかしこに現れている。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ←毎日一度のクリックをお願い!



パクリエーター佐野研二郞の著書もすごい。

7日でできる思考のダイエット (magazinehouse pocket) 新書 – 2013/8/30
佐野 研二郎 (著)

http://www.amazon.co.jp/7日でできる思考のダイエット-magazinehouse-pocket-佐野-研二郎/dp/4838725833

佐野研二郞 7日でできる思考のダイエット

「金が無い、時間が無い、じゃあどうするか」って、佐野の本だよ。決まってるじゃん。


あんたはダイエットしすぎです。


この本で、最も参考になったカスタマーレビュー第1位の方が、思いっきりグラフィックデザイン業界の闇を暴いていたので、紹介します。長いので少し省略してます。(注※は当方による)


3,667 人中、3,609人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
パクリが、デザイナーの仕事ではありません。
投稿者 もしもし トップ50レビュアー 投稿日 2015/8/16


ネットで叩かれているようですが、事態はもっと深刻だとおもいます。
何より、「グラフィックデザイン」という仕事自体への信頼を落とした罪は、とてつもなく大きいと思います。

擁護していた人間が、信じられない。「仕事」あってのデザイナーです。「彼はいい人」?ふざけるな、です。
真の人柄とは、「デザインの仕事」にこそ、出るものなはず、です。

全てのデザイナーが、こんなパクリ、というか、「雑な仕事」をしているわけではありません。
精一杯、ギリギリの低予算と日夜の仕事の上にちょびっとだけ花が咲くような「地味」な仕事です。

この「パクリ」は、むしろ「佐野研二郎」さん、「森本千絵」さん、「長嶋りかこ」さんら、大手代理店の実質・専属デザイナーだからこそ、必然的に起こりえました。(まだまだ他にもいますよ)

一連のパクリは、「氷山の一角」に過ぎないのです。

 彼等は、零細のフリーランスや個人のデザイナーと違って、大手広告代理店・電通や博報堂とのパイプがあるため、黙ってても、とんでもない「大きな仕事」が降ってきます。サントリー、資生堂、TOYOTA、HONDA…そんな大企業はデンパクにしかできませんからね。

 それをチャチャっと、イメージソースを見つけ出し、Macでコピー&ペースト。下っ端のほぼアルバイトに近い低賃金アシスタントに、徹夜でとてつもない量の「アイデア」を出させ、その「手柄」を横領します。
「横領」と「電通・博報堂・多摩美ムサビ」を中心とする「これがオシャレなんだぜ」という「自己顕示」が、彼等のいう「クリエイティブ」の正体です。

これを私は「クリエイティヴ・ヤクザ連合」と呼んでおります。
彼等に創造性は一ミクロンもありません。「芸能人」に好かれているから、成り立っていただけです。

「ま、素人だしな、センスねえ・一般人なら、わかんねーだろ。」これが、彼等のいう「デザイナー感覚」なのでしょうか?
違います。真のデザイン感覚とは、「一般の人」にこそ、パッと「見るだけでわかるもの」だと私は思います。


ちょっと心あるデザイナーたちは、みなこの人たちの「センス」の源泉・ソース元が「パクリ」であることにとっくに気付いていました。ただ、一般の人の目と耳に届かなかっただけなのです。

圧倒的なお金と大人の事情があったからです。彼等は「デザイナー」というより、「中間搾取業者」さんという方が適切なのです。その一部始終の技術は、この本の「余白」にも書かれています。

 デザインに、本当はプロもアマもありません。だからこそ、デザインは過酷な仕事なんです。かえって、「素人」だからこそ、曇りのない目だからこそ、デザインの本当の良さがわかるし、ウソもバレるのです。

 国民の祭典である「オリンピック」に、あんな葬式か、安っぽいブランドのロゴのようなデザインを出してくるセンス。それに疑いもしないセンス。これが「プロのデザイナーの仕事」なのですかね?

 こんな「雑な仕事」が、止まることなく、まかり通ったのも、彼等を批判することが「タブー」だったからです。テレビ・新聞・ラジオという「メディア」の一番の資金源である「広告」を「美しく」作る方(パクリですけど…)なのですから。

 まるで、一連の騒動も、「頭の悪いネット民」の批判だから、などと、彼等側の人間は、主張するでしょう。
 
いえ、今回ばかりは、発見したのはネットの方々かもしれませんが、日夜真面目に働く「デザイナーたち」こそ、一番の被害者です。こんなズサンな人々と一緒にされたくない、とほとんどの方は主張するでしょう。そして、デザイナーこそ、こういう愚劣なクソデザイナーに怒りを感じるはずです。


 和田誠さん、田中一光さん、亀倉雄策さん、横尾忠則さん等、デザイナーがスターだった時代は、手と情熱とで、素晴らしく美しいデザインをつくっていました。いちいち鉛筆で線を引き、イラストレーターと一緒にアイデアを考えていました。

 デザイナーという仕事は「広告屋」「看板屋」などと低く見られ、軽蔑されていました。その逆境からの立ち上がりにこそ、創造性があったのです。


 オリジナルの発想だから、日本のデザインは優れていたのです。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ←毎日一度のクリックをお願い!



 パクリデザイナーたちよ、恥を知れ!!恥を!
 何が「ミスター・デザイン」じゃ!!その「ネーミング」の恥ずかしさに、言葉も出ません。
 普通、「自分の会社」に、そんな恥ずかしい名前、つけますか?最高に笑えないギャグですよ。 口に出してみて下さい。「ミスター・デザイン」?。

オレは偉いんだぜ、ってことでしょ。自己顕示欲の塊
なんですよ。ちょっと心あるデザイナーなら、誰でも気付いていたことです。
 
 これを機に、「デザイン」という仕事から、足を洗って頂ければ、幸いです。

(注※:サントリーのパクリについて)専門学生の1・2年レベルの課題でも今時するか?という初歩的な「画像のまんまパクリ」です。フリー素材か、写真を取ればよかっただけのことです。
デザイナーとして、本当に、ありえないレベルのミスです。こんな仕事の仕方は、佐野研二郎氏の事務所だけでしょう、と信じたい…。

しかし、それでもまだ擁護する「デザイン村」の人達にはつくづく情けない…。
理研の小保方氏、音楽クラシック村の佐村河内とホントーに、まったく同じ構図じゃないですか!
デザイナーたちも、仕事に響くので、黙っている方がほとんどだと思いますが、勇気を出して、声を上げて下さい。
「グラフィック・デザイン」を根幹から揺るがす出来事ですよ。

電通・博報堂から箝口令のお達しでもあるのでしょうか?

呆れるほどボロボロとずさんな情報が出てきてしまいます。「思考をクリア化」しすぎた結果だと思います。
この本を読んで、「そもそものデザインのやり方」への「違和感」を感じて、すぐに某本屋へ、売りましたが、まさかあのときに感じた違和感が、これほどまでに実現化されるとは思いませんでした。
でも、いかに佐野氏が、「手抜き体質」かが、出ていると思いますよ。


(注※:ヤン・チヒョルト氏のパクリについて)私も、GGGでの展示に行って、感銘を受けました。本当に許せない。チヒョルトは、ハッキリ言って、作風は地味です。しかし、心に残るデザインをする私も心から敬愛する、「巨匠」です。

しかし、そのチヒョルトの「表面」のデザイン部分だけをペーストして、パクる姿勢。本当に許せません。しかも、チヒョルトは「本の世界」のデザイナーですよ?

「スポーツの世界」のヤツラにならば、わからないだろう、という魂胆でもあったのでしょうか?本当にふざけてる。デザイナーとしても、最低です。許せません。


(コメントに追記)>>広告代理店のデザイナーの仕事はプレゼンが主なので細部まで検討して作りに作り込んだファイナルプロダクツを作成することはありません。ファイナルプロダクツは下請けの専門家に任せます。だから”これとこれをくっつけて~”みたいに30%ぐらいの力で仕事を仕上げるのが”デザインする”ことだと思っちゃってるデザイナーになってしまうんです。しかも代理店にいたというプライドだけは高いから、始末に負えない。

そうなんですよ。彼等のいう「クリエイティブ」は、日本語訳の「創造すること」や「発想すること」じゃないんですよ。


ズバリ、「自己顕示」なんですよ。いかにして、「自慢するか」なんですよ。
で、CMの世界では相手のクライアントが、「企業」ですから、世に漏れなかった。会議室の中だけでの世界でした。

しかし、「オリンピック」という晴れの世界で、「Mr.デザイン」こと「佐野研二郎氏」は同じように、惰性でやってしまった。彼にとっては、こういう仕事の仕方が、「普通」なんです。
もちろん、考える力も発想のノウハウも、強さもないから、最終的な「アウトプット」は「何かに似せる形」になります。何かに似せる、しかも雰囲気だけ…ぐらいなら、いいんです。

(略)


一番安く、早く、タダで済ませられる唯一のデザイン。一体なんでしょう。

それは「搾取」です(「パクリ」という言葉は、何となく、「万引き」に似た甘やかしの言葉だと思います。そんなレベルではないですよ、コレは。明らかに「システム」として、「自分の仕事」として、やっています。でなければ、こんなに出てくるはずはないです。)。

デザイナーたるもの、誰でも一度は、パクることはあります。学生時代に、一からオリジナルを創り出せる人間など、いないし、天才でもムリでしょう。「習作の時代」はあります。

しかし、今回は、まったく事態が違います。

「自分の周りへのヒト・カネ」がメインであって、「モノ」(仕事)は、どうでもいいのです。軽蔑された結果なのだと思います。

はっきりと、誰かの作ったものを「奪って、人に提出する仕事」に甘んじてたのだと思います。原宿の事務所のMacintoshの中では、イラストレーターが書いたパンも、誰かのブログのパンも、「一緒」です。
ならば、タダな方がいい。とすら、考える頭もよぎりません。

まったく自然に「ミスター・デザイン」は、搾取します。無限に仕事がつくれ、永久にカネが入ってくる仕組み…。


(略)

(注※:佐野氏の反省文について)もうこれは確実に、しれっとして、またヒョロっと、5年後、五輪のバックで「名前の出ない形」で関わってきますよ。1000%。絶対に、です。


「今を乗りきれば、大丈夫」と思っているはずです。

もちろん、いわれのない誹謗中傷もあるでしょう。それはお察しします。
しかし、博報堂の「営業」の人間は、そういうことで強くなるんですよ。何にも言われないのは、クーラーの効いた部屋で、パソコンと戯れるクソデザイナーだけなのです。今まで、あまりに「無菌状態」だったでしょうからね。

(略)

博報堂では、こんなに「謝る」ということは「罪悪」なのでしょうか。

卑怯なのは、「テキスト」ではなく「画像」で謝るということも、そうなんですが、「リュウミン」を使って、この際も「キレイに、クリエイティヴに、素敵なタイポグラフィ」で謝ろうとするクソみたいなデザイン根性です。

「ニッポンは、世界中から尊敬されている映画監督の出身国だった。お忘れなく。」のあの「ドヤ感」の「薄汚さ」が、本当に蘇ってきました。その「キタナさ」が何一つ変わっていない、どのメッセージでも。

これが、逆にいえば、彼のデザイナーとしての唯一の「統一性」なのかもしれません。


ただ、「ドヤ感満載」のデザイナーだと、仕事になりません。本来ならば…。こういう場合、「真摯なデザイナー」は、実は、普通の、どこにでもある「そっけない」明朝体を使います。

リュウミンだと、あまりに「美しい書体」すぎて、ほぼ「ウソっぽく」聞こえるからです。そんな「文字への美的感覚」すらないんでしょうね。表面的に、「キレイ」なら、何でもいい。佐野研二郎。

そもそも本当にデザインを学んできたのでしょうか?疑わしくなってきました…。
(略)

この多くの批判が消え、静寂になり、命を吹き返した頃に、
また愚劣な身内自慢とともに、高らかな搾取とクソデザインのオンパレードが、そっと始まる
(reborn)ように思います。
絶対に許してはなりません。本当に。

----------
電通、博報堂専属のデザイナーがデザイン業界を牛耳っている構図が諸悪の根源という事ですね。利権まみれのデザイン業界の闇がもっと暴かれる事を願う。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ←毎日一度のクリックをお願い!
関連記事
スポンサーサイト

■日本を”呪いと怨念の国”だと印象操作し世界に発信する反日の輩たち【イタリア・ミラノで万国博覧会で紫舟の書が気持ち悪い】PageTop■中国抗日式典の影でさらに軍拡を進めた人民解放軍【30万人削減は大嘘!マスコミは敵国に甘すぎ】

Comment

模倣だらけの人生

 おはようございますw
何これ パクり百景!!
「ヒェー・山延暦寺」と悲鳴をあげるしかありませんね。
「朴りエーター」ばかりじゃございませんか!!

何から何まで 真っ暗闇よ 独創性の欠片も無い 奴ばかり
右を向いても左を見ても「パックマン・パックウーマン」の絡み合い
どこに「男」の夢がある by 鶴田浩二 傷だらけの人生よりw

うーん

 武蔵野武術大学は朝鮮大学と敷地は隣接していますが、「武蔵野美術大学が朝鮮大学校の敷地中にあります」は違います。
現役の頃は武美内で建築関連工事をしていましたが、境界線は塀で区切られており表示の地図を良く見れば折れ曲って塀が表示されています。当時は朝鮮人が武美内に盗みに入り込んでいると良く聞きました。又、11AB館の敷地は当時は畑、その後購入したのでしょうが良く資金があるもので。
 朝鮮人や今の支那人の大多数の者は 真髄を極める の考えは無いから、盗みをはたらき嘘を大声で喚きたてる しか生きるすでがない。

Re: うーん 一色 正人様へ

ご指摘ありがとうございました。確かに壁がありますね。訂正します。

Re: 模倣だらけの人生 causal様へ

>  おはようございますw


おはようございます。


> 何これ パクり百景!!
> 「ヒェー・山延暦寺」と悲鳴をあげるしかありませんね。
> 「朴りエーター」ばかりじゃございませんか!!


母校でパクリが増殖していたんですね。恐ろしや~


> 何から何まで 真っ暗闇よ 独創性の欠片も無い 奴ばかり
> 右を向いても左を見ても「パックマン・パックウーマン」の絡み合い
> どこに「男」の夢がある by 鶴田浩二 傷だらけの人生よりw


うまい事言いますね。

何から何まで在の侵入を許し、取られ盗まれ浸食されて、
今やマスコミ・政治・経済にしっかり根を張って、
奴らの恥さらしな所業が世界に日本人の悪態として広められる。

除鮮・除中が急がれますね。

大阪・東大阪市に
 Mr.DESIGN
という会社があります。ミスターデザインで、ホームページも有ります。

>ボクがこの社名を付けたのは2006年、彼より2年以上も前に開業し、考え抜いて付けた名前で、深い想いもあり、愛着もあります。

とのこと。パクリ佐野の
MR_DESIGN は、明らかに前記の社名を意識している、と思います。MR の次には、ドットが来るのが自然でしょう。

それより面白かったのは、次のコメント。
>どうせ、佐野というのもパクリだろ。

ファスト・デザイン 

 こんにちはw
ファスト・フード--「短時間で調理、注文してからすぐ食べられる手軽な食品」と言うものがありますが、佐野っちのデザイン工房はこんな感じでしょうか。
デザインのファスト・フード。
朴って短時間で出荷したサントリー発注の景品のバッグ。全部廃棄しなければ消費者は納得しないでしょうが。マスゾエでさえ全て破棄したのに。この会社もアッチ系でしょうかね?

三つ餅か向かい蝶か様へ

> 大阪・東大阪市にMr.DESIGNという会社があります。
> ミスターデザインで、ホームページも有ります。
> > ボクがこの社名を付けたのは2006年、彼より2年以上も前に開業し、
> > 考え抜いて付けた名前で、深い想いもあり、愛着もあります。
> > とのこと。


風評被害が大変らしいですね。とんだ災難です。


> パクリ佐野のMR_DESIGN は、明らかに前記の社名を意識している、と思います。
> MR の次には、ドットが来るのが自然でしょう。


会社設立に同名の会社の有無を調べるのは必須。
ネットにすぐ出てくるし、知らないわけがないです。
業種が違うという事で、パクってますね。

これ自体が悪い行為ではありませんが、会社名までパクるなんてパクリしか出来ない血統がそうさせるのでしょうね。


> それより面白かったのは、次のコメント。
> >どうせ、佐野というのもパクリだろ。


ご指摘どおり、いつどこでパクったか(入れ替わったか)
朝鮮人の多い地域の小学校を出ているとどこかに書いてましたけど。

Re: ファスト・デザイン  causal様へ

>  こんにちはw

看板は。


> ファスト・フード--「短時間で調理、注文してからすぐ食べられる手軽な食品」と言うものがありますが、佐野っちのデザイン工房はこんな感じでしょうか。デザインのファスト・フード。


ジャンクフードと言ってもらいたい。


「ポンポンと配置」って言葉でググると面白いものがたくさん見られますよ。


http://biz.toppan.co.jp/gainfo/cf/sano/p1.html

「レディメイドのものをポンポンと配置しただけなのにとてもメジャーな感じがあって、この方向を目指そうと強く思ったんです。」ですって。


> 朴って短時間で出荷したサントリー発注の景品のバッグ。全部廃棄しなければ消費者は納得しないでしょうが。マスゾエでさえ全て破棄したのに。この会社もアッチ系でしょうかね?


サントリーは一時、日本海を東海と表記していましたね。アッチ系確定です。
パクリ佐野の暴露に一役買った結果になったのは自業自得でしょう。


デザイン会社も大きな会社ほどアッチ系が多いのかも知れませんね。

小平

こうして小平辺りの地図を眺めていると大変興味深いです。

朝鮮大学校は北朝鮮人学校。その東にあるそーか学校の池田先生は北朝鮮系と言われている。そーかと朝鮮大学校に挟まれた白梅は偶然にもあの小保方の母親が教鞭をとっている。私の親戚が昔白梅の歴史の先生で、ばりばりの左翼だから何か左翼人脈があることは間違いなし。るーぴぃ鳩山の母親のブリジストンの工場も小平にある。

余談ですが、今から30年以上前、私はこの朝鮮大学校に入ったことがあります。友人の草野球チームがこの朝鮮大学校と試合することになって、応援に行ったのです。金日成主席の巨大な肖像画が飾られ、「偉大なる金日成ばんざ~い!」と書かれた横断幕がありました。今となっては貴重な体験でした。

創価学会の悪事を暴露してる長文です。興味の無い方は削除願います。何万通と送ってるので、同じ人に同じメールを誤って送る場合があると思いますが、その時は削除お願いします

創価学会がテクノロジー技術(科学技術)を使って、病気を作り出す病気製造組織だって事が世間に知られてないので、拡散させて浸透させてます。皆に知れ出せば、犯罪はやりづらくなります。拡散する事での犯罪の抑止効果や、何も知らずに創価に入信する情報弱者を、減らす狙いもあります

創価学会(広宣部)は、病気製造組織です。嫌がらせもする犯罪組織です

あまり知られてないんですけど、創価学会は、遠隔から痛みを与えたり、病気にしたり出来る技術力を持ってます。テクノロジー犯罪(科学技術を使った犯罪)、エレクトロニックハラスメント(電子技術を使った嫌がらせ)って言われてます。この犯罪は人工衛星のGPS(全地球測位システム)やバイオテレメトリーシステム(遠隔計測法)を使った犯罪なので、日本全国、世界各国どこに居てもピンポイントで痛みや病気を作れますし、どこに居ても監視盗聴が出来ます

痛みに関しては強弱も自在です。痛みだけじゃなく、カユミや締め付け、くしゃみ、鼻水等も自在に出させる事が出来ます。眠れなくさせたり、鬱にしたり、統合失調症も作り出せます。意識操作や脳内盗聴(何を考えてるのかがわかる)も出来ますし、遠隔から文字を読めたり、盗聴する事も出来ます。建物内部も透けて見えるので、風呂に入る所から用を足す所からお金の隠し場所まで、全て筒抜けになってます。特定秘密保護法に伴って、国は電磁波を通さないシールドルーム(電波暗室、電磁波吸収部屋)を作りました。作った目的は、電磁波による盗聴と盗み見防止です。電磁波で、全てが筒抜けになるって事を意味してます

この、遠隔から痛みを与える技術力を使って、主に創価の活動家が病気にされます。病気になると信者は仏にすがって、学会活動に精を出すようになります。その為、活動家は定期的に病気にされます。モチベーションを上げさせる為の起爆剤みたいなもんです。信者は、科学技術で病気にされてる事に、気付いてません。皆、魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)にヤられてると思ってます。病気だけじゃなく、事故にあわせたり、怒りの感情を高めさせて、家庭不和(離婚や親子の関係を切らせたりもします)にしたりして、不幸を作りあげます。毎日が平和だと、仏にすがる必要がないので、皆辞めて創価は崩壊しちゃいますから、定期的に不幸を与える必要があるわけです

3桁、4桁、数百万円~数千万円、多額の財務(お布施)をする人程、重い病気になり、頻繁に事故に遭遇します。聖教新聞を何部も取り、折伏(勧誘)にも勤しみ、題目も1日10時間以上唱える熱心な信者ほど、多くの災いを呼び込みます。これが正直者がバカを見る宗教、創価の実態です

活動家だけじゃなく、一般人も病気にします。やってるのは、謀略部隊、裏の精鋭部隊、汚れ役部隊、疫病神部隊である広宣部です。学会員にもあまり知られてない部隊です

創価は、メクラ滅法に病気にするわけじゃないです。無闇矢鱈に病気にすれば、違和感を持たれて犯罪がバレるので、私生活を監視して(プライバシーの侵害、人権侵害)私生活に沿った不幸を与えていきます(便乗攻撃)。例えば腰を屈める事が多い人は腰痛にされたり、冷たい飲み物を飲んだら腹痛にされたり。そうやって、不自然にならず違和感を持たせず、バレないように痛みを与えたり、病気にします。時にはカユみも与えて、リアルな病気を演出して、決して勘付かれないような工作をします。生活を監視盗聴して、生活状況に便乗した病気や痛みを作り出すので、世間に漏れ出してないわけです

創価は、創価に入って題目(南無妙法蓮華経)を唱えれば、どんな病気も治るって事を売りにしてます。医者が見放した不治の病も、題目を唱えれば治るっていう触れ込みで、信者を募ってます。確かに治るんですけど、それは波動で病気にしてるから治せるわけです。自分らで病気を作り出し、題目あげたら波動を弱め、題目で治ったように見せかけます。自作自演の病気製造組織、これが創価イズムです

くしゃみした時の周波数と同じ周波の超音波を当てると、人為的にくしゃみを出させる事が出来ます。アメリカがこれで特許取ってるんですけど、例えば、TBSラジオは90.5MHz(メガヘルツ)、ニッポン放送93.0MHz、文化放送は91.6MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます。これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、憂鬱な時の周波数、眠れない時の周波数、恋してる時の周波数、パニック障害に陥ってる時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ超音波を当てると、ラジオが切り替わるように、その状態に切り替わって、意識操作や精神疾患を作り出せます

例えば、蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからなんです。逆にいうと、虫ですら周波数で操作が可能って事です。虫は、波長340~350nmの紫外線に引き寄せられやすいです。昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引される性質があるんで、逆にいうと、どんな虫でも周波数を変えると、自在に操作が可能って事です

ちなみに、27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、50Hzで生理痛、52Hzでてんかん、60Hzで痙攣、88Hzで片頭痛が引き起こされます。それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持ってるんです。これらの周波数と同じ周波の超音波を当てれば、どんな病気でも作り出せるって事です。つまり病気っていうのは、波動で作られてるって事ですね。この性質を利用して、創価は色んな病気を作り出します

あまりにも大規模で、高度のテクノロジー技術を使ってやるので、真相を教えても、SFやファンタジーの世界、非現実な絵空事、妄想が作り出した錯覚、キチガイの戯れ言にしか感じられない人が多いのが現状です

長年パニック障害に苦しみ、病院に行っても良くならず、創価に入信すれば治るんじゃないかと、一念発起して入信に踏み切った人、ノドに何かが詰まったような違和感が長年取れず入信する人、ウツ病が治らず入信する人、不眠症が治らず入信する人、対人恐怖症が治らず入信する人、リュウマチによる手の痛みが治らず入信する人、腰痛が治らず入信する人等、苦しみから逃れるべく、最後の望みの綱で、創価に入信する人は枚挙にいとまがないです

これらは創価の戦略ですね。入信させる為に作り出した病気です。創価は学会員だけじゃなく、一般人をも長年に渡って病気にします。創価の特徴として、本人が嫌がる事を、何十年にも渡って徹底してやります

病院に行っても苦痛の種が取れないとなれば、最終的には、宗教に頼らざる得なくなります。それが創価の狙いです。普通の人は、そんな手間暇かかる事をヤるわけないじゃんて思うでしょうけど、創価はやります

じゃあ創価に入信すれば、病気が治るかっていうと、入信しても完治はさせません。生かさず殺さず、良くしたり、時には酷くしたりして、蛇の生殺し状態にします。完治させたら、皆活動をヤめてしまいますから、定期的に病を浮かせたり沈めたりして、学会活動に精を出させるわけです

創価は、最新鋭で高性能の科学技術を駆使して、24時間、ピンポイントで狙った場所に痛みを与える事も出来ますし、寝た時だけ締め付けするような設定をする事も出来ます

創価の嫌がらせの手法のひとつに、ノイズキャンペーンてのがあるんですけど、救急車のサイレンで嫌がらせする為だけに、わざわざ重篤な患者を作り出しますし、行く所行く所に、パトカーが付きまといをする集団ストーカー(ギャングストーカー、ガスライティング、コインテルプロ、自殺強要ストーキング)もするんですけど、これは警察に通報させないように、警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるような工作もします。ブレインマシーンインターフェース(BMI犯罪、精神域介入犯罪)っていって、人の意識も意のままに操れます。カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり、害虫を家に集めたりも出来ます。生き物(電気信号で動く)と電気で動く物は意のままに操れます

行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみしたりする集団ストーカーも創価の特技なんですけど、これは被害者の周りの人に超音波を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです。いかにも集団ストーカーしてると思わせ、心理的負担をかけてるだけです

創価の本尊を焼いた人は、家が火事になったり、灯油を自分にかけて焼身自殺したりします。あれも遠隔操作でやってます。波動で直接火事にすると証拠が残るので、火に鍋をかけてるのを忘れさせたりして、違和感を持たせずに火事にします。意識操作も意のままです。創価は恐怖政治、恐怖支配の一枚岩で成り立ってるので、恐怖心を植え付ける為に、こういう事をします

この犯罪を取り締まる法整備が成されてませんから、法整備をせざる得ない状態にする為、拡散する事での犯罪の抑止効果、何も知らずに創価に入信する情報弱者を減らす効果等を狙って、バラマキしてます

最後に、この卑劣極まりない犯罪を多くの人に知ってもらうべく、バラマキしてるだけなので、返信は必要ないです

電磁波犯罪について

ブログ記事には関係ない内容ですが、書き込みありがとうございます。

私は電磁波犯罪は存在すると考えています。

一般の超音波に関する書籍にも、電磁波による人体への攻撃やレーザーによる盗聴の事が書かれているし、欧米ではそれらを取り締まる法律もあり、現実に電磁波を使った武器があります。

日本には何の対策もなく、しかも電磁波犯罪の存在を訴えている人の中にも学会員のスパイが多数紛れ込んでいるようです。

Re: 小平 白ウサギ様へ

> 朝鮮大学校は北朝鮮人学校。その東にあるそーか学校の池田先生は北朝鮮系と言われている。


そのようですね。庶民の王者らしいですし。
生きているのかいないのか?安保賛成・反対で割れているって事は??


> そーかと朝鮮大学校に挟まれた白梅は偶然にもあの小保方の母親が教鞭をとっている。私の親戚が昔白梅の歴史の先生で、ばりばりの左翼だから何か左翼人脈があることは間違いなし。るーぴぃ鳩山の母親のブリジストンの工場も小平にある。


はーぁ、そうなんですか。怪しい左翼の巣窟ですね。



> 余談ですが、今から30年以上前、私はこの朝鮮大学校に入ったことがあります。友人の草野球チームがこの朝鮮大学校と試合することになって、応援に行ったのです。金日成主席の巨大な肖像画が飾られ、「偉大なる金日成ばんざ~い!」と書かれた横断幕がありました。今となっては貴重な体験でした。


それだけならまだ良いですよ。

「北●鮮、教科書」で検索して下さい。日本を敵として教えている証拠がズラリ。

絵本のような図柄で朝鮮の兵隊が日本人を頃す場面を描いて忠誠心を教え、日本人を頃す事を奨励するなんていう狂った反日教育をやってきたんですよ。


何度も「不正な投稿」とされて書き込めず。内容削って何とかアップできました。どうもアッチ系は・・・

おはようございます。

この業界の闇が浮かび上がってきました。ここにもアッチが深く食い込んでます。ありとあらゆるところへ浸食が…いやはや…戦後の脇の甘さが(憲法がいかん!)

ホントに厭になることばかり。
都知事がアッチ系そして元政治屋も元官僚も碌でもない御仁がおりっピックに係わる…これは大掃除の絶好のチャンス。
アッチのユニフォーム(漫画チックなゲラフォーム)を排除して一からやり直しを。できなければ五輪は中止に。あっちを皆追い出せ!それからがスタートだわ。

疲れますね・・・アッチに係わると消耗します。世界の表舞台に出てくるほどのレベルはないのに・・・のさばらしてしまったわ。
日本の甘さがそうさせた。今後は責任をもって封じ込めなくては。

いやはや疲れます。
薄ら馬鹿を相手にしては消耗します。

薔薇姫s様へ

> おはようございます。


かんばんは。

> この業界の闇が浮かび上がってきました。ここにもアッチが深く食い込んでます。ありとあらゆるところへ浸食が…いやはや…戦後の脇の甘さが(憲法がいかん!)


もう隠せないですね。次々にボロが出て自爆。


> ホントに厭になることばかり。
> 都知事がアッチ系そして元政治屋も元官僚も碌でもない御仁がおりっピックに係わる…これは大掃除の絶好のチャンス。


東京五輪に群がるアッチ系の醜悪さ。ハゲ添えがいる限り、成功しないでしょうね。



> アッチのユニフォーム(漫画チックなゲラフォーム)を排除して一からやり直しを。できなければ五輪は中止に。あっちを皆追い出せ!それからがスタートだわ。


「世界一の東京」の選挙スローガン掲げた男が何もかもアッチ系で固めようとして、世界に大恥さらして「世界一ダメな五輪」に向かって一直線。こんな恥さらしなオリンピックはいりませんね。



> 疲れますね・・・アッチに係わると消耗します。世界の表舞台に出てくるほどのレベルはないのに・・・のさばらしてしまったわ。
> 日本の甘さがそうさせた。今後は責任をもって封じ込めなくては。
> いやはや疲れます。
> 薄ら馬鹿を相手にしては消耗します。



敵国をのさばらせ、世論を動かしてる異常さに未だ気づかない国民は、いずれ酷い目に遭います。

覚醒した人はもうわかってますね。既に国内が2分され、悪貨が駆逐される戦いの時代に突入しているってことを。

はじめまして。この記事をたまたま読んだ者ですが、少し気になったのでコメントさせていただきます。

ヤン・チヒョルト氏のパクリについて

佐野研二郎氏がパクったとされるヤン・チヒョルト展ポスターは、チヒョルト氏によるデザインではありません。武蔵美教授の白井敬尚氏です。チヒョルト氏からパクったのではなく、白井氏からパクったのです。
既にご存知ならすみません。

なお、武蔵美と朝鮮大学校、また創価高校、地理的にかなり近いですが、法的な繋がり、交流は一切無いはずです。(学生単位でもまず聞きません。)
このページからはまるで大学が彼らに汚染されているかのような印象を受けましたが、全く関係ありません。(私の読み方が間違っているのなら申し訳ありません)

電博の話には一部同意です。あそこのクリエイティブは基本的に東京芸大、多摩美、武蔵美のほんの上澄みしか入社できません。少なくとも平面デザインの世界ではトップエリートです。その彼らの活躍の裏には、無数のデザイナー達の血を吐くような努力があります。搾取構造といっても過言ではありませんね。
この構造と今回の問題とは決して無関係ではないでしょう。

だからといって彼らの創造性が皆無だとは全く思いません。
少なくとも佐野研二郎氏には無いでしょうが。

コメント失礼いたしました。不快な思いをさせてしまったのならばお詫び申し上げます。

屋台様へ

コメントありがとうございました。

細かいことはいろいろあると思いますが、

> このページからはまるで大学が彼らに汚染されているかのような印象を受けましたが、全く関係ありません。


この部分ですが、こういう事を書いたら、朝鮮大学校から盗みに入られていたという書き込みもありましたし、武蔵野側には心当たりは無くとも、あっち側には立地条件を利用してやろうという意図があったわけです。それが影の繋がりまで構築したかどうかはわかりませんし、構築したとしても第三者には簡単にはわからない。


後は読んだ人が仮説を立てるなり、何らかの疑惑を抱くなり、気にしないなどそれぞれが考えれば良いのであって、こちらとしても、証拠が無い事はこれ以上書けないので、怪しい、止まりです。


ただ、怪しいと見えるものが偶然そうなっただけの場合は少なく、何らかの意図があった結果、そうなっている場合が殆どです。その意図は、当事者にしかわからない。


関係無いと断言できるのは、かなり上層部の人のみですが、過去の経緯など内部事情を全て知っている人にしかわからない事実を他人が知る事は困難。だから怪しいと書くに留めるしかありませんし断定はできません。


しかし政治にうるさいブログ主でして、「仮説が成立している時点で動かないと手遅れになっているケース」が多いんです。証拠が出てきた時にはもう取り返しのつかない状態になっているのが歴史の至る所にある。

今回の一連の騒動も、エンブレムが出た段階である仮説が立ったんですよ。どうもパクリ民族の匂いがする、と。そしたらパクリの証拠が次々に出てきた。本人だけでなく関係者、大学までも。

権威あるものも裏側はドロドロ。どの分野も似たような世界があり、尻尾を出さないように隠しているだけで、実は非常にもろいものです。まさかと思われていたものが実は・・・だった、という話が無数にある。表面的な事実だけではわからないものを仮説が立った時点で疑ってみると、意外にもそれが事実だった、という例は数多く、たった一つの事実から全ての虚構が剥がされる。ネット時代は面白い時代です。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

暴れん坊侍

Author:暴れん坊侍
*

妻(日本人)と娘・息子の4人家族を持つ生粋の日本人。

政治に目覚めたのは1982年冷戦まっただ中の頃。信頼できる情報を得る手段が少ない時代だった。

きっかけは、マモーノヴァ・ヴォズネセンスカヤ著「女性とロシア」。自由平等の理想天国だと宣伝されていた共産国家ソ連が牢獄国家だと知り、マスコミと教育機関による情報操作によって真実が隠されウソを信じ込まされている現実をまざまざと知った。


インターネットが一般化しだしてからネットを中心に活動を始めたが、保守系政治活動の中に潜むスパイの策略にかかって仲間を失ったのを機にそうした運動とは距離を置いている。


2014-11-02よりブログ始動

※ だいたい勢いで記事を書いてしまうので、誤字・脱字・文章表現のまずいところなどあるが、アップした後で修正するのが常である。ご了承願いたい。

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

メッセージ送信
フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。