スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■【TBSに何が起こった?】スイス民間防衛をTVで紹介【安保法制賛成派の応援か!爆笑問題太田が嫌な顔】


TBSが 2015年08月04日、「世界の日本人妻は見た!」という番組で、スイスに嫁いだ日本人妻を紹介した時、スイス民間防衛を詳しく紹介したそうです。

ノンポリのバラエティ担当者が勢いで作ったのか、TBS内部の不満分子がやらかしたのか、真相は不明です。これみて安保法案反対とか言う人は頭オカシイ。


YouTube動画:29分くらいから47分まで再生するようにしてあります。
それ以外は見る価値はあまりないです。


(画像)
世界の日本人妻は見た! スイス民間防衛 10
世界の日本人妻は見た! スイス民間防衛 05
世界の日本人妻は見た! スイス民間防衛 07
世界の日本人妻は見た! スイス民間防衛 08
TBSスイス民間防衛 1
世界の日本人妻は見た! スイス民間防衛 11
世界の日本人妻は見た! スイス民間防衛 12
世界の日本人妻は見た! スイス民間防衛 13
世界の日本人妻は見た! スイス民間防衛 14
世界の日本人妻は見た! スイス民間防衛 15
世界の日本人妻は見た! スイス民間防衛 17
世界の日本人妻は見た! スイス民間防衛 20
世界の日本人妻は見た! スイス民間防衛 18
世界の日本人妻は見た! スイス民間防衛 19
世界の日本人妻は見た! スイス民間防衛 06
世界の日本人妻は見た! スイス民間防衛 21
世界の日本人妻は見た! スイス民間防衛 01
世界の日本人妻は見た! スイス民間防衛 02
世界の日本人妻は見た! スイス民間防衛 03
世界の日本人妻は見た! スイス民間防衛 2
世界の日本人妻は見た! スイス民間防衛 04
世界の日本人妻は見た! スイス民間防衛 09

なかなかTBSさん。頑張ったと思うよ。ニュースやワイドショーは最悪だけど、情報もののバラエティはたまにこういうのがある。


しかしこんな事、世界じゃ常識なのにね。
この番組を他人事のように見ているお花畑国民も大勢いるんだろうな・・・

(参考記事)
【間接侵略に無警戒の日本は滅ぶぞ】 スイス政府「民間防衛」 【民主党政権時の警戒感は今あるか?】
http://abarenbouzamurai.blog.fc2.com/blog-entry-136.html


日本も国民みんなが国民皆兵の意識を持った国家で無いとダメですよ。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ←毎日一度のクリックをお願い!


関連記事
スポンサーサイト

■中国軍の異常な突出に左翼「中国脅威論言うな」?! 制空権奪取と海軍力増強に躍起の人民解放軍PageTop■戦争ヘンタイ?なりすまし韓国朝鮮・中国人による安保法制反対デモ/共産党SEALSは朝鮮系【画像集】

Comment

TBSはなんかたまにこういう番組をやりますね。
アリバイ作りというより、内部にそういう番組を作りたいプロデューサーが居るのかも知れません。

今晩は。
スイスの民間防衛…昔ね…核シェルターのことをtvが取り上げていたの…そうね35年くらい前の話ですが・・・。中立国家は大変な国防をしてるんだと吃驚やら感心やらでした。
今も尚続行なのですね。
我が国も少しは勉強した方がいいですね。

TBSはよく分からないです。

その蜩様へ

> TBSはなんかたまにこういう番組をやりますね。


番組名は忘れましたが、いろんな分野の専門家が質問に答えるという内容で、青山繁晴さんがメタンハイドレートを紹介してました。こんな番組があるんだと感心した事があります。


> アリバイ作りというより、内部にそういう番組を作りたいプロデューサーが居るのかも知れません。


局の姿勢を快く思っていない人が時々、いるみたいです。そういう人は、ワイドショー番組には呼ばれなくて、目立たないところで反乱してるのを時々見ましたよ。

みのもんたが出ていた「朝ズバ」で女性アナに痴漢行為を働いた事を内部告発の書き込みをしたり。

薔薇姫s様へ

> 今晩は。

こんばんは。


> スイスの民間防衛…昔ね…核シェルターのことをtvが取り上げていたの…そうね35年くらい前の話ですが・・・。中立国家は大変な国防をしてるんだと吃驚やら感心やらでした。


それなのに、学校では永世中立国のスイスみたいになりましょう、なんて教えてますよ。日教組の馬鹿な先生が。それじゃ国民皆兵が良いんだなという話で撃沈。


> 今も尚続行なのですね。
> 我が国も少しは勉強した方がいいですね。


欧州がEUに統合されても、周辺は紛争ばかりだし、バルカン半島は未だに紛争係争中で、いつ戦争が起きても不思議では無い。とても平和だなんて言える状況にはないですからね。欧州の人は現実的です。


> TBSはよく分からないです。


局内に保守層もいるようですが、日の目を見ない存在なのだと思います。外患誘致罪が適用された時には、局を乗っ取っていただきましょう。

元TBSのアナウンサーの鈴木史朗さんが「WiLL」2015年7月号で、

自身の引き揚げ体験「私たちの財産を取り上げた中国が、
いまも謝罪や賠償を求めてくるのは許せない」を掲載しています。

(総力大特集~戦後70年、私はこう考える
【こんなにもきれいな国、天国みたいだ】鈴木史朗 WILL2015.7月号)
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1761.html

TBSの売国モーニングならぬ「サンデーモーニング」も、
元々はゲストにケント・ギルバートさんやペマギャルボさん、
井沢元彦氏を出演させていた画期的な番組でした。
どんな組織にも必ず「良心的」な人は少なからずいるものです。

2014年の東京都知事選挙時に舛添要一知事が公開討論で公約として、
「災害版の民間防衛を都民に配布する」と言ってたのは
どうなったんでしょうね。(全く期待できないけど)

実際問題として、費用もそんなにかからないのだから、全国民に
「日本版民間防衛」を国土強靭化の一環として全世帯に配布して欲しいです。

牧田みのる様へ

> 元TBSのアナウンサーの鈴木史朗さんが「WiLL」2015年7月号で、
> 自身の引き揚げ体験「私たちの財産を取り上げた中国が、
> いまも謝罪や賠償を求めてくるのは許せない」を掲載しています。


さんまのカラクリTVの司会をされてた方ですね。こんな立派な愛国者だったとは知りませんでした。


> (総力大特集~戦後70年、私はこう考える
> 【こんなにもきれいな国、天国みたいだ】鈴木史朗 WILL2015.7月号)
> http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1761.html

ぼやきくっくりさんのブログですね。素晴らしい記事でした。ご紹介ありがとうございます。


> TBSの売国モーニングならぬ「サンデーモーニング」も、
> 元々はゲストにケント・ギルバートさんやペマギャルボさん、
> 井沢元彦氏を出演させていた画期的な番組でした。
> どんな組織にも必ず「良心的」な人は少なからずいるものです。


そういえば、昔、皆さん出てましたね。それがいつの間にか、司会の関口宏が社長の芸能プロダクション「三桂」の所属タレントと左翼の論客ばかりになってしまいました。


それに毎日新聞も元は愛国的な新聞社で、新渡戸稲造、三宅久之、古森義久なんかも毎日出身だったのが、ある時期からまともな人たちが退社していったんですね。


サンデーモーニングも何かあったんじゃないですかね。TBSが在日に乗っ取られてから体質が変わったとか。


> 2014年の東京都知事選挙時に舛添要一知事が公開討論で公約として、
> 「災害版の民間防衛を都民に配布する」と言ってたのは
> どうなったんでしょうね。(全く期待できないけど)


候補者の田母神俊雄氏に対抗するための方便だったんじゃないかなぁ。初めからやる気なんてないでしょう。


> 実際問題として、費用もそんなにかからないのだから、全国民に
> 「日本版民間防衛」を国土強靭化の一環として全世帯に配布して欲しいです。


今のお花畑の日本国民には一石を投じる事になるとは思います。

しかし、道徳教科書ですら学校が子供に配らないで隠したりするくらいですから、直接、全世帯に配ろうとマスコミと左翼、在日が大騒ぎになるでしょうね。


昔なら内閣が飛ぶくらいの内容でしょう。でもその程度の反対なのは時代が変わったって事なのかな。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

暴れん坊侍

Author:暴れん坊侍
*

妻(日本人)と娘・息子の4人家族を持つ生粋の日本人。

政治に目覚めたのは1982年冷戦まっただ中の頃。信頼できる情報を得る手段が少ない時代だった。

きっかけは、マモーノヴァ・ヴォズネセンスカヤ著「女性とロシア」。自由平等の理想天国だと宣伝されていた共産国家ソ連が牢獄国家だと知り、マスコミと教育機関による情報操作によって真実が隠されウソを信じ込まされている現実をまざまざと知った。


インターネットが一般化しだしてからネットを中心に活動を始めたが、保守系政治活動の中に潜むスパイの策略にかかって仲間を失ったのを機にそうした運動とは距離を置いている。


2014-11-02よりブログ始動

※ だいたい勢いで記事を書いてしまうので、誤字・脱字・文章表現のまずいところなどあるが、アップした後で修正するのが常である。ご了承願いたい。

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

メッセージ送信
フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。