スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■【また韓国がワイロ】「日本海」が「東海」?!国際海事機関事務総長に韓国人就任でピンチ!



海の大統領に韓国人が就任して、日本海が東海に変更されるかもしれない。


国際海事機関トップに韓国人就任、「日本海」が「東海」に変わる恐れ=韓国ネット「『東海』より『韓国海』に!」「日本は『日本海』を諦めることに」|レコードチャイナ
http://www.recordchina.co.jp/a113885.html


2015年7月12日、韓国・世界日報は、「世界の海洋大統領」と呼ばれる国際海事機関(IMO)の事務総長に韓国人が就任したことにより、「日本海」表記が「東海」に変わることを心配する声が日本国内に拡散しているとする日本メディアの報道を伝えた。

IMOは世界の海運・造船業の技術と安全規範を整備する国連の専門機関で、海運・造船分野の世界政府格組織であり、海の名称を決定する国際水路機関(IHO)と「兄弟機構」と呼ばれるほど関係が緊密だ。日本政府関係者は、「IMOがIHOに『日本海とだけ表記した地図では行き先が分からない』などの主張で圧力を行使してもおかしくない」と述べている。

先月30日、英ロンドンのIMO本部で開催された次期事務総長選挙で釜山港湾公社の林基沢(イム・ギテク)社長がデンマークなど他の5カ国の候補を破って当選した。任期は来年1月1日から4年で、1回の再任が可能。

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

「結果的には『東海』になるだろう。中国経済と関係が深い韓国を、米国が主導する同盟に引き入れるためには、日本が譲歩するしかない」
「必ず『東海』に変えてくれ」
「『東海』より『韓国海』にしろ」

「政府はIMO事務総長に韓国大統領府の警護チームをつけるべき」
「日本海はなくさねばならない」
「太平洋を米国海とできないように、東海を日本海とすることはできない」

「日本からすれば東の海は異常だ。むしろ韓国海の方が良い」
「政府が無能だから、『東海』は難しいだろう」

「韓国人が国際海事機関の事務総長になったからには、確実に『東海』を世界の地図に明記せねばならない。さもなければ、事務局長は逆賊だ」
「韓国人の事務総長選任は本当に快挙だ。これは、日本が『日本海』を諦めなければならないことを意味する」(翻訳・編集/三田)
-----------------------
セウォル号事故や韓国沿岸で起こる海難事故によって、韓国には海の事故に対応出来る仕組みが殆ど整備されていない事が明らかになり、世界の海運会社や保険会社が相次いで撤退している。

そんな国の代表者が世界の海の大統領に就任できるか?またワイロで地位を買ったんだろう。日本海を東海に変える目的のためだけに。

こうなったら韓国の国そのものを潰す以外にないな。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ←「いいね」と思ったらクリックを



関連記事
スポンサーサイト

■「韓国人は狂ってる」フランス人が出版!米国防総省もカンカン!ゾンビ企業だらけで詰んでしまった韓国!PageTop■安保反対デモの報道は全て嘘!共産・社民・労組・日教組・中核派の老人だらけ、安保読みもせず反対するだけ【田原総一朗が反省?!】

Comment

今晩は。

膿の日が終わって・・・これですか・・・。
毒まんじゅうを食わされた国がたくさんあるってことですね。

目的は日本海の変更に決まってますね…ホントに疲れる国です。
ヤレヤレ。

薔薇姫s様へ

> 今晩は。

こんばんは。


> 膿の日が終わって・・・これですか・・・。
> 毒まんじゅうを食わされた国がたくさんあるってことですね。


これしかやること無い国です。
政治経済・文化・軍事どれをとってもダメ。国としては終わってるのに、ワイロだけはやる。
もう終わってる国です。


> 目的は日本海の変更に決まってますね…ホントに疲れる国です。
> ヤレヤレ。


異常な執念深さです。鬼畜!

呼称を変更したところで日本の領海はそのままですし
実を無視して名を取ったところで韓国に何の意味があるのでしょう。
経済は傾き、政治・文化は北朝鮮に乗っ取られた状態で
こんな無意味な事に割けるリソースなど無いはずなのですが。
もはや寄生虫に操られた蜂のように死を待つしか無い存在なのでしょうか。

NTF様へ

韓国にとっての東海を世界が認める事自体が反則行為で、誰もが常識的に考えて日本海。
一時的に東海になったところで、いずれまた日本海に戻る気がします。

相手するのもうっとうしいし、死ぬのを眺めてやりましょうか。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

暴れん坊侍

Author:暴れん坊侍
*

妻(日本人)と娘・息子の4人家族を持つ生粋の日本人。

政治に目覚めたのは1982年冷戦まっただ中の頃。信頼できる情報を得る手段が少ない時代だった。

きっかけは、マモーノヴァ・ヴォズネセンスカヤ著「女性とロシア」。自由平等の理想天国だと宣伝されていた共産国家ソ連が牢獄国家だと知り、マスコミと教育機関による情報操作によって真実が隠されウソを信じ込まされている現実をまざまざと知った。


インターネットが一般化しだしてからネットを中心に活動を始めたが、保守系政治活動の中に潜むスパイの策略にかかって仲間を失ったのを機にそうした運動とは距離を置いている。


2014-11-02よりブログ始動

※ だいたい勢いで記事を書いてしまうので、誤字・脱字・文章表現のまずいところなどあるが、アップした後で修正するのが常である。ご了承願いたい。

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

メッセージ送信
フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。