スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■正直者?日本の伝統?クリーン?お題目だけの保守層は不要【岡本太郎の爪の垢を煎じて飲め】


日本は神棚を祀り神様に手を合わせる神社信仰とともに仏教の伝統を持つ国でもあります。


お釈迦様の教えを超単純化すれば、正しい心を持った立派な人になりなさい、という事になりますが、それを日本の伝統の一つとすれば、保守と言われる人達の多くがその伝統をいかに軽んじているか。


反日左翼が日本の伝統や道徳を否定するのはわかりますが、保守勢力が言葉では「日本の伝統」と言いながら、行動で全く示していない事がブログを始めてからよくわかりました。

いや、まぁ、やる前から薄々は感じていたんですが、こうもあからさまに目の当たりにするとは思いませんでした。


例えば、お釈迦様はたとえ子供であっても真理を言う者には頭を下げたと言われます。謙虚さと寛容の美徳を生きて示された訳ですが、これが保守運動家だとどうか。


YouTube動画で有名なKAZUYA氏。


彼は若いのに政治のことをとてもよく勉強されているし、意見も素晴らしく、好人物だと思っています。

彼が田母神氏が都知事選に敗れた後、選挙戦の反省とこれからの提案をした動画に、コメント欄が批判のラッシュで炎上に近い状態でした。




「次に勝つためには反省して 次に生かさないとダメですよね。」当たり前の意見です。

この動画は選対本部長をつとめたチャンネル桜の水島氏に向けた内容でもあったために、コメント欄が大変な事になりました。


特に目に付いたのが下のコメント

「いいか、KAZUYA。どこの家に一家の方針をガキに相談する大黒柱がいる?社長とお前がまさか対等だと思ってんのか?自ら働き、収入を稼ぎ、社会人としてひとり立ちをしてからようやく親とは対等に議論が出来るんだぞ。まだ若気の至りと許せるが、気付くのは早いほうが良い、冷静に考えてみろ。」


「正しい批判なら、大いに結構だ。間違った批判は、当然、その批判に対して、反論がある。それを覚悟でやれ!批判されたくなければ、何も言うべきではない。批判されたくなければ、黙ってみていろ。自分は好き勝手言い、それに反論されたら、「批判ちゃいけないのか?」だと?バーカ!お子ちゃまは、指をくわえて、黙って見てろ。」


「 KAZUYAだか、何だか知らないが、君はね、謙虚さが無い。
動画を見てて、何様なんだという感想しかない。
彼らだって反省してるし、総括もしてるよ。素人の若造のくせに分をわきまえろ。
仮に反省していないとしても、外野のお前には関係無い。
スカした態度で抜かしやがるから、余計に腹が立つ。」



水島氏側に立った意見はだいたいこんな感じです。
・若いくせに偉そうに
・何様のつもりだ
・立派な大人になってから言え

しかも言葉が汚い。


これは最近、水島氏が田母神氏を攻撃し、水島氏に同調してあちこちにコメントしている人と非常に似ています。一番最後のコメントの「謙虚さがない」と書いている人自身に謙虚さがないと思うんですが、



彼らの怒りの原因となった動画がこれ


確かに若者が年配者に敬意を払い、礼儀をわきまえる必要はあるでしょう。

しかし、年寄りが謙虚に聞く耳を持たなければ発展しないのも事実。敗戦後の日本企業が世界的に成功した背景には、若い力を思い切って登用した意欲ある社長たちの大胆な発想だった事は誰でも知っていますね。

本田宗一郎 世界のホンダ 本田技研

本田宗一郎 町工場を世界のホンダに育て上げた男。
自分の存在が発展の邪魔だとわかると潔く社長を退いた。



私の年齢はKAZUYA氏の倍くらいですが、彼の意見も受け入れられない頭の固さや度量の無さのほうがむしろ問題ではないでしょうかね。



彼はこういうありがたい事をおっしゃってますよ。

・田母神候補の公式YouTubeチャンネルの最初の動画が水島氏
kazuya 東京都知事選での田母神陣営の反省点を考える
                                自分の宣伝か?!

・最前線に常時出続けていた水島氏
・街頭演説が右翼っぽい。傍で見ると怖い集団
・最後は田母神コールで身内で盛り上がる
・保守的な人にしか受けない演説内容、
・応援演説を誘われたが遅すぎる連絡
・負けたのをマスコミのせいにし、都民が馬鹿だと総括したのはおかしい
・どうしたら支持を集められるかの検証をやるべき


全部正しい意見です。

お釈迦様だったらすかさず頭を下げられます。それが日本の伝統でしょう。


「次は絶対に勝ちたい」という意志よりも年寄りのメンツを優先するのだったら、永遠に勝てないでしょう。本田宗一郎氏が自分のメンツにこだわって社長の座から降りようとしなかったら、ホンダは今頃潰れていたでしょう。

メンツに拘るって、どこかの国の発想そのものです。


それとも 永遠に勝てなくても、寄付金さえ集まりゃいいんですかね?



私はこの時のKAZUYA氏を批判する人達の口汚いコメントの嵐を読んで、保守層の一部勢力は日本の伝統なんて全然わかっていない事を知り、田母神俊雄氏を叩く動画や私のブログに書き込むコメントを読むと、そういう連中がどうも水島氏周辺にやたらと多いなと気づきました。


正々堂々とやればいいのに、工作員のように同じ言葉の連呼で弾幕をはるようにコメントしたり、別名を使い分けて書いてくるとか、姑息な手段で暴力的に書いてきます。日本の伝統がわからない者のしわざだと自分で白状しているようなものです。



お釈迦様に並ぶ聖人・イエスキリストが語った「幼子のようにならなければ天国には入れない」という言葉があります。クリスチャンも正しく理解していない人が多いようですが、単に天真爛漫な子供っぽい人間になれ、という意味ではありません。


大人が幼子にびっくりするようなものを見せたら、その子はどういう反応をするか。「おじさん、凄い!」と目を輝かせて驚きます。自分より凄い人を素直に受け入れる柔軟な心が幼子の心。

真理には幼子のように謙虚であれ、という意味です。


脳みそが筋肉で出来ているような頭の固い人達には、幼子のようになるのは無理なのでしょう。だからKAZUYA氏のありがたい提案に対して感情的に拒否反応を示す。


私が知っているお坊さん。本当に謙虚で子供みたいな純真な方です。これこそ日本の伝統というものを体で表しています。


最後にこれを贈ります。


「芸術は爆発だ!」の岡本太郎さん名言集
http://meigen-ijin.com/okamototaro/
岡本太郎 芸術は爆発だ



この瞬間、瞬間に、若さとか、年よりとか、力があるないとか、才能とか、金とか、あらゆる条件を超えて、その持てるぎりぎりいっぱいの容量で挑み、生きるということだ。



素朴に、無邪気に、幼児のような眼をみはらなければ、世界はふくらまない。


年とともに若くなっていくのが. 自分でわかるね。



友達に好かれようなどと思わず、友達から孤立してもいいと腹をきめて、自分を貫いていけば、本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる。



同じことを繰り返すくらいなら、死んでしまえ!



自分の中にどうしても譲れないものがある。それを守ろうとするから弱くなる。そんなもの、ぶち壊してしまえ!

http://matome.naver.jp/odai/2138605547073345801

負けた者こそバンザーイと、大いに胸を張ってにっこりする、これだよ


-------------
田母神氏は選挙に負け、仲間に裏切られましたが、胸を張って前向きに応援し続けますよ!



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ←「いいね」と思ったらクリックを

関連記事
スポンサーサイト

■まだマスコミに左右させられるのか?相変わらず学ばない国民:人気投票に堕した橋下徹・大阪都構想PageTop■中国主導の銀行は危ない【アジアインフラ投資銀行】

Comment

今日から明日にかけて不在で、コメントのお返事はまとめてしますので、よろしくお願いいたします。

岡本 太郎氏

今日は。
何時も、的を得た情報発信有難うございます。大変勉強になります、さて、岡本太郎氏ですが、抽象画が苦手の私にも、彼の命のピュアさとパッションは伝わってきます。私も岡本太郎が大好きでした。太郎氏の母である岡本かの子が私の母校の先輩であると言う事、また、私も短歌を嗜むな事などで、とても身近に感じていました。太郎氏は、強烈な個性の母、かの子の期待に応え様と、自らの個性を作り上げたのだと思います。最後の時、意識の混濁している中でも尚、岡本太郎を演じる太郎氏に、養女の方は「太郎さん、もういいのよ、もういいの」と言われたそうです。何時もこの事を、思う時、純粋な彼の命に胸打たれると同時に、深い悲しみも禁じ得ません。
私もkazuyaチャンネル毎日みています。因みに私は、kazuya氏の年齢の三倍弱です。でも、多くの事を学ばせて頂いています。
生のある限り、命を輝かせていたいと思っています。この投稿もその一環です。悪しからず。ごきげんよう。

過去のブログまで遡り拝見させていただきましたが、カテゴリーの論点を意図的にずらしているような気がします。

カズヤ氏の都知事選に対する感想も、氏の動画やブログを拡大解釈しているような気がします。

問題となっているのはあくまで田母神事務所の「使途不明金」問題であり、閣下1400万円と書かれた内部書類の真贋であり、愛人問題や離婚慰謝料問題、百万円のスーツ問題等々を具体的資料で証明できない問題ではないのでしょうか。

実際、カズヤ氏は田母神事務所問題勃発以降はカズヤチャンネルでも講演会でも田母神問題については一切コメントしていません。

田母神問題に絡めるような印象操作をし、カズヤ氏の名前を持ち出すのはカズヤ氏を支援する者としては複雑な心境です。

維新の会所属議院の国会期間中の動静について、橋本代表が厳しいコメントを出しましたが、このように疑惑が持ち上がれば右であれ左であれ、出所進退を含めしっかりと真相究明する、襟を正すのが政治家ではないかと思います。

それをしないから、田母神氏や次世代の党に対し、シニカルな視線が向けられるのでしょう。

保守層の一部勢力と言うか、保守を騙る『似非保守』にはくれぐれも気をつけたいものです。

まるでカルト宗教の教祖と信者

もう桜内部には意見具申する人もいない状況で組織としては末期です。
桜を立ち上げて今までのTV局が報道しないことを報道してくれたこと等は評価していますが、
ここまで醜い報道をする状態に至っては水島氏には何も期待していません。

>>彼が田母神氏が都知事選に敗れた後、選挙戦の反省とこれからの提案をした動画に、
コメント欄が批判のラッシュで炎上に近い状態でした。<<

前回の選挙で一番驚いたのはそこでした。田母神氏は選挙には負けましたが、
何にでも反省すべき点はあるはずです。選対部長であった水島氏には特に、
それを一切の批判、たとえそれが建設的な意見であっても受け付けない水島氏、
コメントする人たち。まるでカルト宗教の教祖と信者
相手の言うことを鵜呑みにし、自分で事実を集めず考えることをしないで無批判に(教祖?)
受け入れることは大変危険だと思います。
自分で考えないで教祖のいうことを盲目的に信じることは大変楽です。
何しろ責任を取らなくて良いし何かあったら誰かが言ったからなど責任転嫁できるし

一次情報事実をパズルの一コマづつはめていけば、真実の絵が見えてくるはずです。
ここのブログ主さんは極めて冷静沈着に起こったことを見つめ書かれていると思います。

あれ?

チャンネル桜で田母神氏の問題が取り上げ始められた時、水島氏の手のひらを返したような攻撃的な語調にまず違和感を感じました。しかしyoutubeでのコメントでは、田母神氏に対する批判コメントばかり。違和感を感じた人が他にいないのかとネットで調べているうちにこちらのブログにたどり着きました。

この動画コメント。操作されたものだったのですね。他の方々の消されたという話をうかがって初めて気づきました。そういえば2/28のチャンネル桜の討論動画でも、開始20分あたりで葛城奈海さんが「この問題は田母神氏も被害者であり、お互いの意見も食い違ってるので、もう警察や司法に委ねては」という意見をおっしやったところ、水島氏が「それは違う。田母神氏は被害者ではなく共犯者」と言い、葛城氏の意見を抑えます。動画を見た直後は、確か葛城氏の意見を擁護するコメントもありましたが、今見に行ったところ見事に消されており、ほとんどのコメントが水島氏擁護でした。都合の悪いコメント削除の後、一定の指向性のあるコメントだけにしておくことこそ、情報操作になっていると、このブログを拝見しはじめて気づきました。wikipediaに情報操作という項目がありますが、チャンネル桜はそういう情報操作の手法が幾つか散見されるように思います。このコメント削除は、

"コメント
人々を一定の方向に誘導するために、事件に対する解釈を付け加える。"

という手法に近いのかと思いました。

そして書いていて今偶然気づきましたが、その手法の一つに

"泥棒捕り
何らかの事件に対して批判・責任を問われる筈の人物が、他者に先駆けて事件を批判し、国民の怒りを他方向に向けさせる。"

というのがありました。今、水島氏がやってるのは、まさにこれだと私には思えます。

ブログ主さんのおっしゃる通りです。

神様、仏様、キリスト、本田宗主、岡本先生、ブログ主さんのような広い「タナゴコロ」を持つべきです。

その広い掌と精神性をを田母神氏同様、水島氏にも向けてあげればより良い方向へ向かうと思われます。差別はいけませんからね。

ちなみに、当事者である田母神氏、水島氏の発言を公平に観ていますが、どちらかと言えば水島氏の方が常々「自分にも責任の所在はある」「支援してくださった方々には申し訳ない」と、語っているようですが・・・(^_^;)

私たちとしては、週刊文春その他マスコミが報道する政治資金規正法違反の疑惑を具体的な証拠を提示して説明してほしい、事実無根な報道であるならば週刊文春やチャンネル桜を含むマスコミを田母神氏が従前から公言するよう早急に名誉棄損で訴えてほしい、田母神氏も認める会計責任者の3000万円に及ぶ公金搾取(業務上横領)を適正に「被害届」として届け出てほしいだけなのです。
欲をいえば、愛人に秘書手当を毎月100万円渡していた事や離婚問題の慰謝料数千万円の拠出疑惑、舶来のスーツに100万円を政治資金で購入してしまう経済観念の説明をしていただければなおヨシですm(__)m

また、一部の方々のコメントや一部の発言を、特定の意図で抜粋引用する事は、キリスト教系のカルト宗教が聖書の一部を自らのため都合のよいように抜粋する行為に似ているような気がします。
イスラム教を曲解するISILにも似た行為たと思います。

ちなみに、裏切られたのは田母神氏ではなく、東京の親戚知人に田母神氏への投票依頼を何度も懇願し僅かながらにも票の上積みを図り、交通費をかけ上京しては寒風すさむ中チラシ配布を無償で行い、なけなしの懐から自分にとっては高額な政治資金を支援した「私たち元支援者」だと思うのですが(^_^;)

Re: 岡本 太郎氏 madame coco様へ

> 何時も、的を得た情報発信有難うございます。大変勉強になります、


いつもお読み下さいましてありがとうございます。

> さて、岡本太郎氏ですが、抽象画が苦手の私にも、彼の命のピュアさとパッションは伝わってきます。私も岡本太郎が大好きでした。


私は岡本太郎氏の生き方が大好きです。本も持っています。作品を論評したりはできませんが、「爆発!」の言葉どおりのおもしろびっくりの世界ですね。


> 太郎氏の母である岡本かの子が私の母校の先輩であると言う事、また、私も短歌を嗜むな事などで、とても身近に感じていました。


そうでしたか。

> 太郎氏は、強烈な個性の母、かの子の期待に応え様と、自らの個性を作り上げたのだと思います。


この母にしてこの子ありですね。

> 最後の時、意識の混濁している中でも尚、岡本太郎を演じる太郎氏に、養女の方は「太郎さん、もういいのよ、もういいの」と言われたそうです。何時もこの事を、思う時、純粋な彼の命に胸打たれると同時に、深い悲しみも禁じ得ません。


人物としても超一流だったと思います。私なんて、この方の人生の何分の一も歩んでいないような気がしています。


> 私もkazuyaチャンネル毎日みています。多くの事を学ばせて頂いています。


彼の考え方には一本筋が通っているように感じますね。ただの本好きではない、しっかりしたものがあるから、共感する人が多いのでしょう。


> 生のある限り、命を輝かせていたいと思っています。この投稿もその一環です。


お互い心はいつまでも青春ですね。体の若さが真の若さではありませんから。

カズヤチャンネル登録者?

> 田母神問題に絡めるような印象操作をし、カズヤ氏の名前を持ち出すのはカズヤ氏を支援する者としては複雑な心境です。


関係無いでしょう。

・KAZUYA氏の立派な提案を猛烈に叩く輩が多かった。
・それはなんと保守を名乗り水島氏を異様に擁護する人々であった。
・彼らは「日本の伝統」を強調しながら、日本の伝統をわきまえない輩であった。
・輩たちは岡本太郎氏を見習え。

この論理展開の何が不服です?

KAZUYA氏の水島氏による田母神叩きに関する動画は用いていませんよ。

> カテゴリーの論点を意図的にずらしているような気がします。


どのカテゴリーに入れるかを他人に指図される覚えはありません。このカテゴリーが適切だと判断しました。

> カズヤ氏の都知事選に対する感想も、氏の動画やブログを拡大解釈しているような気がします。


KAZUYA氏の都知事選を総括した発言を取り上げただけで、動画に対する批判は一切していないので、拡大解釈のしようがありません。


> 問題となっているのはあくまで田母神事務所の「使途不明金」問題であり、


その問題は今回のブログ記事では取り上げていません。記事の趣旨は「保守を名乗る者の中に日本の伝統をわかっていない一部勢力がいる」という話です。


> 実際、カズヤ氏は田母神事務所問題勃発以降はカズヤチャンネルでも講演会でも田母神問題については一切コメントしていません。

してますよ。「水島氏の言うことが事実ならとんでもない事」と言われています。

本当にKAZUYA氏のファンですjか?


> 出所進退を含めしっかりと真相究明する、襟を正すのが政治家
> それをしないから、田母神氏や次世代の党に対し、シニカルな視線が向けられるのでしょう。


わざとらしいタイトルといい、田母神批判がしたい水島氏の取り巻きのにおいがプンプンします。「当ブログがKAZUYA氏を貶めている」という”印象操作”がしたいだけの動機で書いたみたいですね。

名無し様へ

> 保守層の一部勢力と言うか、保守を騙る『似非保守』にはくれぐれも気をつけたいものです。

本当にそういう思いで、今回のブログを書かせて頂きました。

Re: まるでカルト宗教の教祖と信者 野武士様

> もう桜内部には意見具申する人もいない状況で組織としては末期です。


おっしゃるとおりだと思います。


> > > 彼が田母神氏が都知事選に敗れた後、選挙戦の反省とこれからの提案をした動画に、コメント欄が批判のラッシュで炎上に近い状態でした。< <
> 前回の選挙で一番驚いたのはそこでした。田母神氏は選挙には負けましたが、
> 一切の批判、たとえそれが建設的な意見であっても受け付けない水島氏、
> コメントする人たち。まるでカルト宗教の教祖と信者


このKAZUYA氏の動画の記憶が残っている人は多いと思います。猛省を促したKAZUYA氏に対する一部ネット民の逆ギレは大変見苦しいものでした。本当にカルト宗教みたいで不気味でした。



> 相手の言うことを鵜呑みにし、自分で事実を集めず考えることをしないで無批判に(教祖?)受け入れることは大変危険だと思います。
> 自分で考えないで教祖のいうことを盲目的に信じることは大変楽です。
> 何しろ責任を取らなくて良いし何かあったら誰かが言ったからなど責任転嫁できるし


思考停止でいつまでも進歩無し。支持者は減る一方でそのうち自滅ですね。教組の人気失墜と共に轟沈です。

Re: あれ? 茶々丸様

> wikipediaに情報操作という項目がありますが、

これですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%85%E5%A0%B1%E6%93%8D%E4%BD%9C


このwikipediaは始めて読みました。すごい事が書かれていますね。私たちはどれだけ第三者に誘導させられているか、目からウロコです。


> "泥棒捕り
> 何らかの事件に対して批判・責任を問われる筈の人物が、他者に先駆けて事件を批判し、国民の怒りを他方向に向けさせる。"
> 今、水島氏がやってるのは、まさにこれだと私には思えます。


全くその通りです。

水島氏の自爆テロによる田母神攻撃はズバリその通り。驚きました。水島氏が田母神氏に先駆けて暴露放送をし、田母神氏に批判の目を向けさせる、教科書通りだったんですね。



こんなのもありますね。

・一次効果(Эффект первичности)
最初に発信された情報は、後発の情報よりも優先され、信用されやすいという原理に基づく。


先にやってしまったほうが有利。いつも先んじて攻撃する誰かさんみたいに。


・反復(Повторение)
同じフレーズを反復して、人々の記憶に刻み込ませる。


「通帳開示」の連呼がそうですね。そればっかりを毎回放送し、コメントはその文字が躍る。見事に狙い通りの効果が出ています。


・事実確認(Констатация факта)
一面的な事実を提示して、世論を誘導する。


お馴染みの偏向報道の手法。


・情報の波の創出(Создание информационной волны)
情報の一次波を起こし、不特定多数による大規模な二次波を発生させる。いわゆるブログの炎上。


田母神叩き動画で一気に火を付け、水島教の信者があちこちにコメントしまくる構図ですね。


こうして考えると、プロパガンダを知り尽くしてやっている確信犯みたいな印象を持ってしまいます。これでマスコミを批判する資格なんて、あるんだろうか?


こんなことを平気でやって、自らをクリーン、正直者、お金が無いだのと綺麗に見せている彼らは一体、何者なんだ?

家様

> 水島氏の方が常々「自分にも責任の所在はある」「支援してくださった方々には申し訳ない」と、語っているようですが・・・(^_^;)


言うだけなら誰でもできます。


選対本部長という総責任者として田母神氏とともに謝罪会見しないで自分だけ正義の味方を気取る。

自分は関係無いとばかりに他人をバッシングばかりして「武士の情け」を連発しているような、行動が伴わず男の風上にも置けないヤツほど見苦しいものはありません。



> 裏切られたのは田母神氏ではなく、東京の親戚知人に田母神氏への投票依頼を何度も懇願し・・・・・・



長い間チャンネル桜や水島氏を応援してきた元支援者の多くが愛想を尽かしていますけど。百万円以上寄付した人の怒りはいかばかりでしょうか?

暴れん坊侍様
「池に落ちた犬は棒で叩け」と言う韓国の諺どころか「池に落として叩き潰せ」の如きの、水島氏の卑怯で非情なやり方に至って、田母神氏に非が有りや無しかは別として、怒りと共に日本人の心の中にある「判官びいき」の心情が沸々と湧いてきたのも事実です。
KAZUYAチャンネルは見ています。短時間で要点を必要最小限に言い尽くす彼の話術の才能は秀でていますね。若い保守のホープとして期待しています。ネットの書き込みで見ました。「今後水島氏に逆らう者は徹底的に叩き潰される。今回の件でみんな解っただろう」と。あのウイルの花田氏も噛みつかれてその後粘着されています。将来有望なKAZUYA氏は今後君子危うきに近寄らず、触らぬ神に祟りなしでゆくことが無難ですよね。

春千山様へ

> 「池に落ちた犬は棒で叩け」と言う韓国の諺どころか「池に落として叩き潰せ」の如きの、水島氏の卑怯で非情なやり方に至って、田母神氏に非が有りや無しかは別として、怒りと共に日本人の心の中にある「判官びいき」の心情が沸々と湧いてきたのも事実です。


おっしゃるとおり、私も最初は義憤が収まりきれず、日本人とは思えないあまりにも卑怯なやり方に怒りを禁じ得ず、立ち上がってしまったというのが事実です。それまではひっそり目立たずにブログを書いていたんですけどね・・・・・



> KAZUYAチャンネルは見ています。短時間で要点を必要最小限に言い尽くす彼の話術の才能は秀でていますね。若い保守のホープとして期待しています。


私も期待して見ています。

使い古された言い方ですが、若者も捨てたものじゃないですね。あまり表に出ていない志高い若者が実はたくさんいると思いますよ。


> ネットの書き込みで見ました。「今後水島氏に逆らう者は徹底的に叩き潰される。今回の件でみんな解っただろう」と。あのウイルの花田氏も噛みつかれてその後粘着されています。


田母神氏は見せしめにされましたね。それにしても力と放送による暴力で押さえつけるとは、武士の風上にも置けぬ。いや、連中は武士ではないです。


> 将来有望なKAZUYA氏は今後君子危うきに近寄らず、触らぬ神に祟りなしでゆくことが無難ですよね。


ん~~~~、チャンネル桜には近寄らないほうが良いですが、批判は批判として堂々とやったらいいと私はそう思ったりしますけどね。あえて喧嘩を売る必要はないですが、何かあった時は、言葉は柔らかく、言葉の内容は鋭く、ズバッと斬り込んでいくところを見てみたいものですが・・・。

有望株を潰しちゃまずいかな・・・

KAZUYA氏のチャンネルは私も見てるんですが、彼が感じた事をもう少し広げて考えてみると、実は彼が感じた事はわざと行われていた可能性は無いのかと言うことです。
つまり、最初から選挙に勝つつもりなど無かったと言う疑惑。
水島氏はなにしろ海千山千のその筋のプロなんです。
割と中道的で政治活動のお手伝いを始めたのも最近。
そんなKAZUYA氏がまず感じたようなことを、水島氏ほどの歴戦のプロがやるかなと。
水島氏はメディア出身者ですから、その辺りの理屈は良く解られてるはずです。

何か別の意図があって、いずれどこからか擁立がありそうな田母神氏を急遽引っ張り出して立てたのは、最初から芽を潰すためだったのでは無いのか。
そして、彼は予想以上に健闘し勝ちすぎてしまった。
それこそ次が狙えるくらいに。
だからこそ、最大限に貶め潰しに掛かってると。

そう考えた方が、寧ろしっくりくるんです。
そのくらい、田母神氏の選挙戦、私も違和感感じてました。

その蜩様へ

> 実は彼が感じた事はわざと行われていた可能性は無いのかと言うことです。
> つまり、最初から選挙に勝つつもりなど無かったと言う疑惑。


仮説が成立した時点で動き出さないと手遅れになる、というのが私の考えで、仮説を立証する証拠が無くとも、それを前提として考えると出てくるものが何かを雄弁に語っていたりします。


> いずれどこからか擁立がありそうな田母神氏を急遽引っ張り出して立てたのは、最初から芽を潰すためだったのでは無いのか。
> そして、彼は予想以上に健闘し勝ちすぎてしまった。それこそ次が狙えるくらいに。
> だからこそ、最大限に貶め潰しに掛かってると。


そこに繋がってきますね。



> 水島氏はなにしろ海千山千のその筋のプロなんです。
> 割と中道的で政治活動のお手伝いを始めたのも最近。
> そんなKAZUYA氏がまず感じたようなことを、水島氏ほどの歴戦のプロがやるかなと。
> 水島氏はメディア出身者ですから、その辺りの理屈は良く解られてるはずです。

> そう考えた方が、寧ろしっくりくるんです。
> そのくらい、田母神氏の選挙戦、私も違和感感じてました。


彼にとって政治は道具。保守も道具。


全ての活動が寄付金ビジネスで儲けるための手段でしかなく、95%真実の報道を流す事によってみんなが騙されてきた、という事にも結びつきます。


証拠が出そろう前に全てが終わっていて、結局うやむやにされてしまう。実に巧妙で狡猾。

勝手に総括しますが、何度も言うように、昨今の問題は田母神事務所の政治資金疑惑であり、水島氏・三橋氏のパーソナルな部分や経歴、チャンネル桜の運営は別問題であるにも関わらず、強引に関連付けしても一般の有権者はドン引きしてしまいそうな気がします。

かって、いくら正論を述べ立候補しても当選できなかった保守系の方は山ほどいらっしゃいましたしね。

維新政党新風は正論を述べており、理想的な政治勢力ではありますが、なかなか票が伸びないのは周知の事実。
在特会や行動保守の面々も、一定の支持を得て以来伸び悩み、行動保守の黎明期を支えた面々が、在特会と一線を画し、社会性を持ち始めたことも今後の方向性として注目すべき点でしょう。

このように、国民の支持を得るためには、一定の社会性は必要なのです。

選挙で当選できない事や、不祥事が出ること、その他何でもかんでも選対本部長の責任であるような言動は、むしろ本人にとってもマイナス。
右左を問わず、不祥事や落選の弁は「すべて私の不徳の致すところ・・・」と、政治家たるものは述べているではありませんか。

また、田母神氏であれ、石原慎太郎氏であれ、安倍総理であれ、志位委員長であれ、福島瑞穂氏であれ、辻元清美氏であれ、横領や政治資金の不適正使用はダメでしょ(^_^;)

田母神氏や愛国者を名乗れば何をやってもいい訳ではないと思いますが・・・

田母神氏を社会常識と乖離してまでも擁護するのは、けして氏本人のためになりませんよ。
むしろ、氏にすべてを公表し、一から出直すよう禊をして出直すよう働きかけるのが「真の支持者」ではないかと思うのですが・・・

また、社会通念を逸脱し過剰に擁護すればするほど、一般の有権者から共感を得られず、結局は選挙で信を問うても負けてしまいますよ。

また、ブログ主さんは一般庶民がなけなしのお金を寄進する行為を金額の大小で揶揄しておられましたが、そうおっしゃるからには貴殿は当然田母神氏に百万円以上寄進したんですよね?

また、私たちは「資金管理団体」へ寄進したのであり、田母神氏個人へ献金したのではありません。
もしかして、ブログ主さんは政治資金規正法で個人への献金が禁止されている事をご存じないので、田母神氏本人に集まったお金を、どのように使おうが勝手と解釈しているのですか?

いずれにしても、一般の支援者が善意で行った献金まで揶揄する事に、驚きを隠せませんねぇ(^_^;)

家様へ

暇じゃないので、一点だけ。他は返事する価値無しwwwww


> ブログ主さんは一般庶民がなけなしのお金を寄進する行為を金額の大小で揶揄しておられました。
> 一般の支援者が善意で行った献金まで揶揄


読解力が無い人ですな。


「百万円以上寄付した人の怒りはいかばかりでしょうか?」と書いたら、「金額の大小で揶揄してる」と書いてくるなんて、小学生を相手してるみたいだヨ。


善意の献金を揶揄してる? 誰が?


そんな風に読む人がいたとはねぇ。どうでもいいけど、揚げ足取りに必死ですな。


> 貴殿は当然田母神氏に百万円以上寄進したんですよね?


挙げ句の果ては、人の寄付金の額を詮索してくるなんてねぇ。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

暴れん坊侍

Author:暴れん坊侍
*

妻(日本人)と娘・息子の4人家族を持つ生粋の日本人。

政治に目覚めたのは1982年冷戦まっただ中の頃。信頼できる情報を得る手段が少ない時代だった。

きっかけは、マモーノヴァ・ヴォズネセンスカヤ著「女性とロシア」。自由平等の理想天国だと宣伝されていた共産国家ソ連が牢獄国家だと知り、マスコミと教育機関による情報操作によって真実が隠されウソを信じ込まされている現実をまざまざと知った。


インターネットが一般化しだしてからネットを中心に活動を始めたが、保守系政治活動の中に潜むスパイの策略にかかって仲間を失ったのを機にそうした運動とは距離を置いている。


2014-11-02よりブログ始動

※ だいたい勢いで記事を書いてしまうので、誤字・脱字・文章表現のまずいところなどあるが、アップした後で修正するのが常である。ご了承願いたい。

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

メッセージ送信
フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。