スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■中国主導の銀行は危ない【アジアインフラ投資銀行】


アジアインフラ投資銀行を設立しようという中国の国営企業が、なぜか借金を返せず大変な事になっています。


中国の不動産開発会社、佳兆業集団がデフォルト:ウォールストリートジャーナル
http://jp.wsj.com/articles/SB12659516568778773425604580375872074004244


借金を返せなくなったのは米ドルが支払えなくなったため。

中国の佳兆業、ドル建て社債の利払いできず-債務再編探る:ブルームバーグ
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NI2OEM6VDKHY01.html


中国国営企業だから国がバックアップするはずで、ドル建ての借金(ドルで返す借金)なんて何ともないはず。


中国は「外貨準備のドルをたくさん持ってる」とか「世界一米国債を持ってる国」だと高らかに誇っていたのですから、払えないのは明らかに中国に米ドルがなくなったからです。


中国が米ドルをたくさんもっていた理由を簡単に説明しますと、


中国の人民元はドルをどんどん買ってドル高・人民元安にして、人民元を安く一定の価格に維持していたので、人民元を刷ればするほどドルが貯まっていったんです。


同じ事を変動相場制の韓国が勝手にやっています。ウォンの価格を市場に任せなければならないのに、そのルールを破っているので、国際的信用はガタ落ちです。(関係国の許可をもらってやるならOK)


その貯まったドルのことを外貨準備と言いますが、これを中国国内で使おうとすると、ドルを売って人民元を買い戻すので、人民元が大量に増えて物の値段が上がりまくる強烈なインフレになります。だからドルは使わないで持っておくか米国債を買うしかないです。


だから中国国営企業がドル支払いができないなんて変ですね?


中国から脱出している企業が続出しているので国内産業がダメダメ、輸出がガタ落ち、貿易が減ると外貨準備のドルが減る、それでもなんとかやれているのは政治家のワイロとか出所のはっきりしない闇経済で中国が動いているからです。

それでも裏の海外投資でドルが海外に流れて行ってしまったり、中国の大物がドルを海外の口座に勝手に移して移住したり。人民元なんて持って行きませんから、海外の秘密口座にドルをどんどん持って行く。今だとヴァージン諸島の秘密口座とか。



中国の経済成長率が7%代だと宣伝しているのは、全く根拠のない数字です。そんなデタラメを発表しないといけないのは、正規の経済よりも裏経済のほうが大きいというところにまで落ち込んでいるという話です。


結局、中国企業が借金を返せない事態が明るみに出て、中国の本当の実力がバレてしまいました。中国国内に生きた純粋な資産がない証拠です。


インフラ投資銀行が始まって人民元の総発行額が増えれば、その分だけドルが増えるので、ドル支払いが可能にはなるでしょう。


中国が人民元を発行すればドルを買ってくれるので、アメリカはインフラ投資銀行に参加する必要はありません。(アメリカはドル高を望んでいるのでドルを買ってくれれば万々歳)

アメリカの意識は世界のドル支配に挑戦するヤツは叩く、それだけです。


中国共産党が価格を決める人民元は札をいくら刷っても価格が変わらないから、好きなだけ投資して好きなだけ儲ける事ができたので、中国国内が天井無しのインフレに苦しもうと関係無しにやりまくったわけです。国が困ろうが自分さえ儲ければ良いという感じで。


今回のアジアインフラ投資銀行の参加国も発想は全く同じ。欧米は、中国経済がどうなろうとどんどん札を発行させて自分達はそれを利用して今の内に儲ける事しか考えていません。


人民元を決済通貨として認めている国々では投資が活発になるでしょう。そこに中国人を送り込んだりするでしょうから、中国国内の空洞化が進み、それと同時に相手国の労働力を奪うことになりますから、反発も当然大きくなります。


中国の国内経済がますます疲弊していく中で、海外からのバッシングが酷くなって、国家そのものの信用度がますますなくなっていくのは明らかです。



アジアインフラ投資銀行なんて、所詮は中国がカラ元気を見せているだけでしかなく、闇経済が支配的になってしまう程度の実力しかない中国のやる事が長続きするとはとても思えませんね。


中国経済の実態を宮崎正弘氏が解説している動画がありました。


宮崎さんはマスコミが中国経済絶好調だと騒いでいた頃もその嘘を見抜いていました。中国経済の発展なんて実は全部嘘。何から何までデタラメでした。


アジアインフラ投資銀行もデタラメで乗り切ろうという魂胆です。

あらあら、こんな記事まででてしまったよ。

中国投資銀、日米不在で“2流格付け”濃厚 資金調達に重大欠陥:夕刊フジ ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150401/frn1504010830001-n1.htm

やるまえからわかっている人はわかっています。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ←「いいね」と思ったらクリックを




関連記事
スポンサーサイト

■正直者?日本の伝統?クリーン?お題目だけの保守層は不要【岡本太郎の爪の垢を煎じて飲め】PageTop■速報!オバマ大統領暗殺!

Comment

安倍政権が、当面の参加見送りを表明したことに対して、野党各党が口をそろえて批判、参加を促していますね。江田、蓮舫、志位どこの国の政治家かといつも思います。どの国の指導者だって外交は常に自国の国益を第一優先ですよね。各国それぞれ思惑あっての参加の筈なのに江田さんは「日本外交の完全敗北」などと、まるで日本が「お財布」にされる事を望んでいるかのごとくです。「外交は水際まで」と言う常識を日本の野党は知らないお馬鹿ばかりが日本の悲劇ですね。こんな大事な時に今更ながら民主党左翼政権でなくてよかった!とつくづく思います。

春千山様

> 安倍政権が、当面の参加見送りを表明したことに対して、野党各党が口をそろえて批判、参加を促していますね。江田、蓮舫、志位どこの国の政治家かといつも思います。


考える力がない人達ですから。

宗主国様のやることは全て”善”だと凝り固まった頭で、決まった判断しかできない連中です。


> 江田さんは「日本外交の完全敗北」などと、まるで日本が「お財布」にされる事を望んでいるかのごとくです。


あいつはテロ特措法の邪魔もやっていた、人間のクズみたいな政治家です。政治家と呼ばれる資格もない。



> 「外交は水際まで」と言う常識を日本の野党は知らないお馬鹿ばかりが日本の悲劇ですね。


お馬鹿政治屋が約6割、いや、もっとかな。


> こんな大事な時に今更ながら民主党左翼政権でなくてよかった!とつくづく思います。


自民党もおかしなのがいますから、みんなまとめて大処分したい!

【週刊文春】田母神俊雄氏をなぜつぶす?水島選対本部長の策略破れたり!【異常な田母神叩きの裏】まとめ3
http://abarenbouzamurai.blog.fc2.com/blog-entry-127.html
>田母神氏が買収に乗ったのでない限り、応援し続けますが、水島氏にはもう愛想が尽きました。彼がいる限りチャンネル桜そのものも支持できません。

このお言葉をそろそろ忘れる時期でしょうか?

通告文の中身がない様

> このお言葉をそろそろ忘れる時期でしょうか?

ますますその気を強めていますが。

AIIBは中国の為の集金システムというか、公共事業というか、中国のために存在する一石二鳥三鳥四鳥を狙った、まあ言えば妙案ですよね…。
日本国内でもバスに乗り遅れるなと、親中派がこぞって騒ぎ出し、さながらリトマス試験紙のよう。
とはいえ、日米が入らなければ、この企みは失敗です。
逆に言えば、日本で政変があって日本が入れば、中国の勝ち。米国も日本が入れば入らざるえなくなる。

日本がやるべきはADBの強化なのですが、日本に親中政権が揺り戻しで出来れば、AIIBに入ってADBは存在感を失うでしょうね。
日本がせっせと国民の税金をAIIBに投入する。日本企業におこぼれが貰えると国民を騙して。
その金で、中国が中国企業を喰わせるために、アジアで中国の国益に沿った巨大公共事業をいくつも立ち上げ、受注した中国企業がどんどんと中国人を送り込み、仕事をこなしていく。
中国人のさらなる現地への浸透も兼ねてるわけです。

確かに妙案。その妙案に欧州の有力国を含む、50以上もの国が賛同していると言うわけで、半ばなったような物です。

後は、安倍さんを潰せば、完成です。

けろけろ坊や様 情報ありがとうございました。

少し読ませて頂きました。私とは全く違ったアプローチの仕方で、とても参考になりました。

じっくり読ませて頂いて、ブログにも反映させればと思っています。ありがとうございました。

その蜩様

> AIIBは中国の為の集金システムというか、公共事業というか、中国のために存在する一石二鳥三鳥四鳥を狙った、まあ言えば妙案ですよね…。

こざかしい智恵ですけどね。


> 日本国内でもバスに乗り遅れるなと、親中派がこぞって騒ぎ出し、さながらリトマス試験紙のよう。
> とはいえ、日米が入らなければ、この企みは失敗です。
> 逆に言えば、日本で政変があって日本が入れば、中国の勝ち。米国も日本が入れば入らざるえなくなる。


今回は、安倍政権の勝ちですが、今後は未知数ですね。


> 日本がやるべきはADBの強化なのですが、日本に親中政権が揺り戻しで出来れば、AIIBに入ってADBは存在感を失うでしょうね。
> 日本がせっせと国民の税金をAIIBに投入する。日本企業におこぼれが貰えると国民を騙して。


いつものパターンです。マスコミ大活躍で、いままで騙されてきました。


> その金で、中国が中国企業を喰わせるために、アジアで中国の国益に沿った巨大公共事業をいくつも立ち上げ、受注した中国企業がどんどんと中国人を送り込み、仕事をこなしていく。
> 中国人のさらなる現地への浸透も兼ねてるわけです。


日本はそれを阻止しないとアジア全体がひどく劣化した中華経済圏になってしまいます。


> 確かに妙案。その妙案に欧州の有力国を含む、50以上もの国が賛同していると言うわけで、半ばなったような物です。


欧州では最貧国がゾロゾロと参加してきてますね。ドイツの狙い通り。ヨーロッパ人は中国の経済覇権に警戒感が希薄で、アジアの勢力拡大には全く興味ない。そんなのは当たり前ですが、最も警戒しないといけない日本がこの体たらくではやっていけない。


> 後は、安倍さんを潰せば、完成です。

安倍政権が終わった時が本当にヤバイです。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

暴れん坊侍

Author:暴れん坊侍
*

妻(日本人)と娘・息子の4人家族を持つ生粋の日本人。

政治に目覚めたのは1982年冷戦まっただ中の頃。信頼できる情報を得る手段が少ない時代だった。

きっかけは、マモーノヴァ・ヴォズネセンスカヤ著「女性とロシア」。自由平等の理想天国だと宣伝されていた共産国家ソ連が牢獄国家だと知り、マスコミと教育機関による情報操作によって真実が隠されウソを信じ込まされている現実をまざまざと知った。


インターネットが一般化しだしてからネットを中心に活動を始めたが、保守系政治活動の中に潜むスパイの策略にかかって仲間を失ったのを機にそうした運動とは距離を置いている。


2014-11-02よりブログ始動

※ だいたい勢いで記事を書いてしまうので、誤字・脱字・文章表現のまずいところなどあるが、アップした後で修正するのが常である。ご了承願いたい。

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

メッセージ送信
フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。