スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税8%増税も国民に信を問うていないぞ!解散するなら消費税を5%に戻せ!


サイテーモーニングじゃなかったサンデーモーニングという日曜朝の気分を台無しにしてくれる番組がある。お花畑全開の時代錯誤な番組だ。


今日、ちらっと見ただけで吐きそうになったのをぐっとこらえて10分ほど見ていたのだが、メラメラと怒りがこみ上げてきて精神衛生上良くないのでそれ以上の視聴は断念した。



番組は、今回の総選挙に向かう政局への批判。

解散総選挙は自民党の党利党略の一点張りで「野党押し、自民下げ」の印象操作ばかりで薄っぺらな内容だった。


この番組が言いたかった事はこう言う事。

・民自公で3党合意して決めた消費増税は、議員定数是正が絶対の条件。
・野田首相辞任の条件として安倍首相がそれを約束した。
・議員定数是正という身を切る改革も無しに、増税先送りは許されない。
・景気が悪かろうとも財政再建を先送りする事は許されない。

と、まぁ、突っ込みどころが満載なご意見。


結構なご託を並べているが、増税で税収が減る事実は何度も述べたので、今回その事は省くとして、みんな増税を決めた時のことなどすっかり忘れ、本質を見失っている。


当時の野田首相が増税を言い出した時、最初は「増税という国家の一大事を国民に信を問わずに決めてはならない」というまっとうな意見があったのだ。


ところが、マスコミが増税賛成一色になり、解散総選挙も経ずにいつのまにか増税ありきの空気が充満した中で、あれよあれよと増税賛成派の谷垣や公明党と野田の間で3党合意。


国民から支持を失っているのにいつまでも首相の座に居座り続ける野田の辞任が、増税との交換のような話にすり替わり、さらにズルズルと延命を図る野田は、安倍総裁との党首討論で辞める条件に議員定数削減を約束させ、それを野田の英断だと報じ民主党への援護射撃を行ったマスコミ。


すっかり「増税は国民に信を問う」という当たり前の事がどこかに吹き飛んでしまい、増税が決定事項となったと国民を錯覚させたまま解散総選挙。


そして、アベノミクスで景気が回復基調にあったところで、いざ増税してみると、消費が冷え込んだせいでみるみる景気が悪化。


こうして振り返ってみると、野田が国民に信を問わずに強行した8%への増税そのものが失敗だったと結論が出ている。


安倍首相と約束した定数是正がどうの、3党合意がどうのなど関係無い。明らかに野田とマスコミのミスリードと、その背後で彼らを動かした財務省に増税による景気後退の責任がある。

その責任をウヤムヤにしたまま、解散総選挙とはどういう事か。


まだ一度も解散総選挙によって増税そのものをOKしていない事をすっかり忘れてしまった日本国民。あの頃はあちこちでそんな事を言ったが、世の流れでどうしようもなかった。


そしてまた、今更こんな事を言っても遅いが国民みんなが騙されたまま、マスコミと官僚のミスリードが続いている。


安倍首相が解散総選挙で国民に信を問うのだったら、10%への増税延期じゃなく、増税そのものの取り消しでなければならないはずだ。


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ←「いいね」と思ったらクリックを


関連記事
スポンサーサイト

何様のつもりだ!?財務省!「消費税率が低いと国民を甘やかす。経済悪くても増税強行せよ」???PageTop増税も解散総選挙も必要無い!世間を気にして増税延期容認=民主党・野田【コロコロ意見変える究極の保身】

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

暴れん坊侍

Author:暴れん坊侍
*

妻(日本人)と娘・息子の4人家族を持つ生粋の日本人。

政治に目覚めたのは1982年冷戦まっただ中の頃。信頼できる情報を得る手段が少ない時代だった。

きっかけは、マモーノヴァ・ヴォズネセンスカヤ著「女性とロシア」。自由平等の理想天国だと宣伝されていた共産国家ソ連が牢獄国家だと知り、マスコミと教育機関による情報操作によって真実が隠されウソを信じ込まされている現実をまざまざと知った。


インターネットが一般化しだしてからネットを中心に活動を始めたが、保守系政治活動の中に潜むスパイの策略にかかって仲間を失ったのを機にそうした運動とは距離を置いている。


2014-11-02よりブログ始動

※ だいたい勢いで記事を書いてしまうので、誤字・脱字・文章表現のまずいところなどあるが、アップした後で修正するのが常である。ご了承願いたい。

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

メッセージ送信
フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。