スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【続報】田母神俊雄さんをなぜつぶす?水島総選対本部長の責任は?【異常な田母神叩きの裏】まとめ2


<・・・週刊文春読みました。これまでの経緯を知らない大多数の人は田母神氏を罵倒するでしょうね、あれじゃ。私はますます水島氏への疑惑が深まりましたが。

田母神氏にやましいところが無ければ、あんなのに負けちゃいけませんよ。安倍総理の祖父・岸信介氏は24時間かかりまくるマスコミの電話攻撃と、自宅を取り囲んだ左翼テロリストに投石やら太ももを刺されたりしても屈しませんでした。

このブログ記事には追加せず後日あらためて書くつもりです。・・・・>



前回に引き続き 水島氏による田母神攻撃についてです。


新たな批判放送を見ると、水島氏がさらに墓穴を掘ったと感じます。


※田母神俊雄氏と水島氏の問題について知らない方は以下をご参照下さい
田母神さんをなぜつぶす?チャンネル桜水島総=選対本部長の責任は?異常な田母神叩きの裏に見え隠れするもの/まとめ
http://abarenbouzamurai.blog.fc2.com/blog-entry-125.html


田母神氏の会計責任者=鈴木新氏による横領事件発覚後、水島氏が鈴木氏ではなく田母神氏を批判する放送がいまだに続いています。

↓会見後の1時間番組に続き、この番組


↓それからまたこんな番組も



■田母神氏の管理責任と水島氏の任命責任


田母神氏は人が良すぎて会計責任者に任せっきりだった事はご本人も認めておられ、責められても仕方がないのは事実ですが、政治家がいちいち会計の帳簿を確認するわけがなく、そんなものは専門家に任せるのが普通。


一般社会でも、営業に走り回る人は会計帳簿など殆ど見ません。


田母神氏に横領事件の全責任を被せようとする人は、政治家に「帳簿とにらめっこしてばかりしていろ」と言うつもりでしょうか。


人と会い、政策を学び立案する政治家本来の仕事に邁進するには、経営を任せるスタッフが不可欠。


社会的な責任においては田母神氏に最も重い監督責任が問われますが、事件そのものの実質的な責任はどうかというと、都知事選で水島氏がスパイを会計責任者に任命してしまった事が今回の横領事件の発端である以上、外を走り回る田母神氏よりもバックアップ側の総責任者のほうが事件そのものの実質的な責任がより重いのは明らか。



水島氏の任命責任が重大なのは、水島氏が「都知事選では最もきれいな形でやった」と自負しまくった事により、選対本部と事務局の仕事に太鼓判を押したために、田母神氏が都知事選後の田母神事務所の人事の際、安心して選対本部の人材を引き継いでしまったという事実です。


水島氏の任命責任がいかに重いか。それは田母神氏の監督責任以上の責任を問われて当然なのです。




・横領の実行犯・鈴木新(会計責任者)の責任
・田母神氏が彼に任せっきりにした監督責任
・水島氏が鈴木新氏を会計責任者に任命した任命責任


それら全てを田母神氏の責任にすり替えるプロパガンダ放送を、チャンネル桜がやるとは本末転倒も甚だしい。



普通なら、水島氏は「鈴木氏を任命した選挙の総責任者として真相究明のために田母神氏に協力しましょう」という事になるはず。

そして、真相が究明されれば、告訴や賠償をさせるなどして会見を開き、水島氏と田母神氏が共に支援者に謝罪して事件は終了。


そうすれば、お互いの利益になっていたはずだし、誰しもそうなる事を願うはず。


水島氏に初めからそんな気がない異例ずくめの展開では、水島氏が田母神氏を貶めたい何かがあると思われても仕方がありません。


■水島氏には調査の裏付けがない。


これまでの放送を見てわかるのは、水島氏が知っているのは選挙期間中の事だけで、選挙後の批判は会見での発言を元にしているという事です。



田母神氏の会見では「会計責任者が少なくとも3000万円使い込んだと自白しているが、政治資金をポケットに入れ、そこから好き勝手に使っていたので、領収書がなく具体的に何に使ったのかはわからない状態」と説明されました。


普通なら、「その会計責任者はとんでもないやつだ!」となるはずなのに、水島氏とチャンネル桜の批判の目はそちらへは向かわないのは何度も述べました。



会見直後は、田母神氏の「水島氏が政治団体に資金横流しを要求した話」を批判する比重が重かったのが、いまはその話題には極力ふれず、会見時の証言から「使途不明金の金額が合わない」という新たなネタで批判を強めています。



それ自体が、本質をほかに外そうという意図が感じられて問題でもあるのですが、チャンネル桜の出演者=三橋貴明氏もブログで細かい数字を取り上げて都知事選後の政治資金が減りすぎている、と田母神氏を批判しています。


その根拠が会見での証言で出てきた数字です。


しかも会見はチャンネル桜のフライング放送によって急遽開かざるを得なくなったせいで、精査中の準備不足に加えて普段から金の計算に携わっていない人が証言に出てきたために、食い違いがあったりはっきりしない内容になるのは無理もない話です。


なのに、会見時の言葉尻を捉えて「大嘘付き」呼ばわりするのは、ただの揚げ足取りに過ぎず、わざと混乱を起こさせて、混乱した言葉尻で非難する、「マッチポンプ」のようなもの。


第1次安倍政権で、年金の管理をサボりまくった社保庁職員の責任を安倍政権の批判に利用されて参院選に大惨敗しましたが、あの時と同じことを水島氏が行っている事になります。



たった一つの事柄を批判する事によって、さも全体がおかしいかのように錯覚させる、しかもこまかい数字などの複雑でややこしい話に持って行き、詳細を考えさせる間も与えずに、強い印象を植え付ける。


これは左翼がよくやる謀略宣伝・情報戦の常套手段です。これを水島氏と三橋氏がやっているのです。


なんと巧妙で狡猾なのか。


■悪意のプロパガンダ

さらに水島氏は田母神氏が横領したという第三者の情報があるとおっしゃっています。しかし、その内容を明確に言わなかったので、まだ裏付けが取れていないという事でしょう。


この段階でそんな伝聞情報を出してくるのは田母神氏に悪いイメージを与えようとする悪意以外の何者でもありません。


田母神氏をハメた人物の関係者がさらに追い打ちを掛けようとしている可能性も高く、水島氏がその関係者の一人だという新たな疑惑も生じかねません。



金額が合わない最大の原因は、領収書が無い出費を出しまくり詳細がわからない状態になるほど横領しまくった会計責任者の鈴木新。


選挙が終わった後の政治資金は、田母神氏が活発に政治活動をし、様々な団体や個人との交際や接待などがあったはずなので、減るのは当たり前。


その金額をデタラメだと批判するなら、それも鈴木新による横領プラス彼の杜撰な帳簿ミスを追求すべき。

それともまさか田母神氏は集まった寄付金を一切使ってはならないとでも言うつもりでしょうか。


だいたい大人が人と会ったり身内で今後の事を話し合ったりするのは、たいてい会食や酒の席でざっくばらんに話に花を咲かせて行うものです。


言うまでもありませんが、接待交際費や会議費は遊興費ではありません。


チャンネル桜は、これらを全てを田母神氏が個人的な飲み食いに使い込んだかのような放送をしていますが、田母神氏個人で飲食をした時の領収書を会計に回したという証拠でも掴んでいるのでしょうか。


仮に田母神氏が鈴木氏に韓国バーに誘われたとして、鈴木氏が支払ったとしても、その領収書を田母神事務所に回して経費で落としたとすると問題でしょうけれども、それとて鈴木氏の責任であって、田母神氏に知られずに処理することなど簡単にできます。


また、それらの証拠は田母神氏の会計に携わる人でなければ掴めるわけがなく、いくら水島氏が騒ごうともそんなのは調査の裏付けがなく想像の域を出ない「田母神=悪」の印象操作でしかありません。


鈴木新が韓国バーの料金等を政治資金から勝手に支払ってどこにも記載せずにいたとすると(事実、殆どそうだったわけですが)、周りは彼が自腹を切って払ったものと思い、それこそ田母神氏も知りようが無い事です。



資金の管理を任せっきりにしたのは確かに田母神氏の責任です。


それはご本人も認めていますが、水島氏のやっている事はそんな次元を遙かに超えた論点のすり替えによる悪質なプロパガンダです。


■道義的責任って何?

水島氏は「道義的”責任を感じている」と繰り返しますが、なぜ”道義的”なのか?


”道義的な”とは、道徳的な、人の道としての、という意味で、極めて言葉が曖昧で、そんな言い方をされると何の責任なのかはっきりしなくなります。


要は、「選挙の総責任者として会計責任者を任命した責任は取りたくない」という意味でしょう。


再三、書いていますが、任命責任がある水島氏が田母神氏に協力しない姿勢が、最も無責任で、”道義的”にもおかしい。「すべて明らかにすることが私の責任だと思っている。」と語りながら、田母神批判しかやらないのは、明らかな矛盾です。



しかも、三橋氏はブログで「田母神氏がツイッターで水島氏を攻撃するのはやめよ」と書いていますが、放送を使って田母神氏を批判している水島氏のほうが圧倒的に強い力で攻撃しているのです。


しかもそれが誰も田母神氏側に立たずにやる欠席裁判のように客観性のない悪質なプロパガンダなので、チャンネル桜のメディアとしての良心を疑わざるを得ない次元にまで事態は発展していますよ。

その自覚もなく田母神叩きを繰り返すのを暴挙と言わずして何と言えるでしょうか。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ←「いいね」と思ったらクリックを



関連記事
スポンサーサイト

【週刊文春】田母神俊雄氏をなぜつぶす?水島選対本部長の策略破れたり!【異常な田母神叩きの裏】まとめ3PageTop田母神さんをなぜつぶす?チャンネル桜水島総=選対本部長の責任は?異常な田母神叩きの裏に見え隠れするもの/まとめ1

Comment

そもそも田母神氏の先輩と会計責任者を連れてきたのは誰なんでしょう?
もし田母神氏が連れてきて入れてほしいと言われて入れたのなら
任命責任よりむしろそっちに問題があるような気がしますが・・・。

私は今回の事で田母神支持から離れた者ですが
こうして表沙汰になった以上
真相解明がなされなければ都知事選で寄付した人はもちろん
次世代支持の人も納得できないでしょうね。

skr 様 コメントありがとうございます。

> そもそも田母神氏の先輩と会計責任者を連れてきたのは誰なんでしょう?
> もし田母神氏が連れてきて入れてほしいと言われて入れたのなら
> 任命責任よりむしろそっちに問題があるような気がしますが・・・。

誰が失敗したのかを追求している訳ではありません。


田母神氏が出馬をOKし、水島氏が事務所設立を促した時に、先輩がこういう男だと知らずに田母神氏が連れてきた事が失敗のまず1番目。そして「彼で良い」と承諾した水島氏の失敗が2番目。


どちらがより大きな失敗かという話ではなく、どちらにもそれぞれの責任があり、どちらもその責任に見合った責任の取り方をしなければならないという話です。


二人の行動から伺えるのは、明らかに水島氏は全部のお膳立てをして選挙を主導した総責任者としての責任からは逃げている事であり、物事が明らかになる前からメディア攻勢を掛けている事に悪質さを感じますし、そこまでやるという事には何か裏があると言わざるを得ないので書いています。


> こうして表沙汰になった以上
> 真相解明がなされなければ都知事選で寄付した人はもちろん
> 次世代支持の人も納得できないでしょうね。



田母神氏は水島氏に説得されるまでは政治経験がゼロでずぶの素人であったとしても、今は衆院選にも出たのだからもうそんな事は通じません。

一政治家としての後始末を付けなければならないと思います。


もし、説明責任を果たさなければ、その時こそ、政治家としてはふさわしくないと烙印を押される事になります。


現段階では、水島氏の情報戦にしてやられ、防戦一方でかなり分が悪いですが、文春の記事を読むと、私が最初から抱いている水島氏に関する疑念が払拭されず、むしろ疑惑がさらに深まったと思っています。


その事はまとまり次第、また書こうと思いますので、その時はまたよろしくお願いいたします。

ベッラ様、裏情報ありがとうございます。

おっしゃるとおり、闇が深いですね。実はいろいろと聞いてはいます。意外な方の意外な行動・・・不可解な事だらけです。


知れば知るほど何なんだ?と思います。


不偏不党?なに?それ?みたいな・・・・つくづく、知らない事は幸せですね。

今夜の放送で早速ダメ押ししてますけどね(笑)
それにしても、文春の記事通りタモさんも1400万受け取っているとすれば、政治家生命はほぼ絶たれたといっても過言ではないですね。

シンイチ 様コメントありがとうございます。

> 今夜の放送で早速ダメ押ししてますけどね(笑)
> それにしても、文春の記事通りタモさんも1400万受け取っているとすれば、政治家生命はほぼ絶たれたといっても過言ではないですね。


記事が全部正しければですけど。
あの文春の記事は妙に胡散臭い。


後日、また書きますので、その時はよろしくお願いいたします。

こんにちは。
前回のエントリーに続き、正論のオンパレードであると私は思いましたので、FBとTwitter上にてシェアさせて頂きました。

謀略や嵌められた可能性もあると言いつつ、週刊文春のに記載された記事内容の信憑性、裏を取っていない状態で、「疑惑がある」と言いつつ決めつけている年か思えない放送をするのは、報道機関としていかがなものか?

400万を受け取らなかった事を自慢げに語ってますが、スタッフに10万円が振り込まれてなかった的な話をしてたりと、話の筋が通ってない事もおかしいです。

今の桜が田母神氏に対して行っている事は報道という名の攻撃であり、何でも官邸団な団体や、安倍内閣や自民党を叩いている民放TV局と何ら変わりないので、やはり全く支持しておりません。

本日の討論番組も酷い事になるんでしょうね。

武士の情けを語る人間が、田母神氏が調査を終え全ての収支報告が出来る段階まで待つ事はおろか、週刊誌の発売から10日も前にフライング気味にリークして、会見せざるを得ない状況を作り、我々サイドは誰もお金を受け取っていない、と連日放送しているのは腹立たしいの一言に尽きます。

私は田母神氏を支持してますが、今件で擁護しているわけではありません。
本当に横領していたのであれば一切支持はしませんし、糾弾されて然るべきであると思います。

が、自己保身のためにスケープゴートを作るかのような手法、長年連れ添った(神輿を担いだ)人に対する掌の返し方が余りにも卑怯すぎて許せないのです。

長文失礼いたしました。

ろぼ様ありがとうございます。

お褒め頂いて恐縮です。

私もまだまだ勉強が足りません。

みなさんのコメントでさらに勉強させて頂いております。

情報の拡散ありがとうございました。


> 謀略や嵌められた可能性もあると言いつつ、週刊文春のに記載された記事内容の信憑性、裏を取っていない状態で、「疑惑がある」と言いつつ決めつけている年か思えない放送をするのは、報道機関としていかがなものか?

週刊誌は情報の迅速性が命という面がありますし、誤報はつきもののメディアですので、その点は考慮して読まなければなりませんが、狼狽えずに冷静に読む必要はありますね。


水島氏の支離滅裂さも酷いですが、今回の事件で、良識ある桜のファンは一斉に離れるでしょう。


> 今の桜が田母神氏に対して行っている事は報道という名の攻撃であり、何でも官邸団な団体や、安倍内閣や自民党を叩いている民放TV局と何ら変わりないので、やはり全く支持しておりません。
>
> 本日の討論番組も酷い事になるんでしょうね。

そうなると思いますし、欠席裁判を堂々とやる人々に、良識を期待するほうが無理ですね。


> 私は田母神氏を支持してますが、今件で擁護しているわけではありません。
> 本当に横領していたのであれば一切支持はしませんし、糾弾されて然るべきであると思います。
>
> が、自己保身のためにスケープゴートを作るかのような手法、長年連れ添った(神輿を担いだ)人に対する掌の返し方が余りにも卑怯すぎて許せないのです。

本当におっしゃるとおりでございます。田母神氏が政治家としてやっていくには、この試練に打ち勝たなければならないと思っていますし、横領があったとすれば、ろぼ様と同様の立場を取ると思います。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

暴れん坊侍

Author:暴れん坊侍
*

妻(日本人)と娘・息子の4人家族を持つ生粋の日本人。

政治に目覚めたのは1982年冷戦まっただ中の頃。信頼できる情報を得る手段が少ない時代だった。

きっかけは、マモーノヴァ・ヴォズネセンスカヤ著「女性とロシア」。自由平等の理想天国だと宣伝されていた共産国家ソ連が牢獄国家だと知り、マスコミと教育機関による情報操作によって真実が隠されウソを信じ込まされている現実をまざまざと知った。


インターネットが一般化しだしてからネットを中心に活動を始めたが、保守系政治活動の中に潜むスパイの策略にかかって仲間を失ったのを機にそうした運動とは距離を置いている。


2014-11-02よりブログ始動

※ だいたい勢いで記事を書いてしまうので、誤字・脱字・文章表現のまずいところなどあるが、アップした後で修正するのが常である。ご了承願いたい。

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

メッセージ送信
フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。