スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国務省とイスラエルのズブズブの関係が暴露された!ケリーがネタニヤフに殴られ「金やってるのは何のためだ!?」

アメリカのケリー国務長官がイスラエルのネタニヤフ首相に殴られたそうです。

それだけでもショッキングな事件ですが、もっと酷いのが、その時の騒動で、アメリカ国務省の長官がイスラエル首相から金品を受け取っていた事がバレてしまいました。


やはりアメリカはユダヤ人が裏で画策している国だったって事ですね。

アメリカのリベラル派が多いと言われる国務省や民主党の背後にユダヤ人がいて、金の力でアメリカの政治を動かしている動かぬ証拠です。


アメリカの国務省って、イスラエルの言いなりなんですかね?



ショボーン・・・泣いているような悲しげな顔ですね。
ケリー国務長官がイスラエルのネタニヤフ首相に殴られる 1

痛々しい・・・同情はしませんけど。
ケリー長官がネタニヤフ首相に殴られる2



(ネタ元)
NETANYAHU BEAT JOHN KERRY LIKE A DOG, CLAIMS SENATORIAL AIDE:Philosophers stone

http://philosophers-stone.co.uk/wordpress/2013/09/netanyahu-beat-john-kerry-like-a-dog-claims-senatorial-aide/


(日本語訳付き記事)
【驚愕】アメリカ政府の重鎮がボッコボコに殴られてるぞ!!! やっぱりアメリカも【属国】だったのか…:中国・韓国・在日崩壊ニュース

http://www.news-us.jp/article/408829297.html


<ネタニヤフがケリーを殴打しました。>

ケリー長官の側近の政府関係者によると、
イスラエルのネタニヤフ首相は米ケリー長官をまるで犬のように扱い、彼を殴打したとのことです。


「ドアが閉まると同時に、豚がうめくような声と家具が投げつけられているような音が聞こえました。

すると、ケリー長官はネタニヤフに向かって、ノー、ノー、ベンジャミン(ネタニヤフの名)、神に誓って言うよ、あれは私じゃない。あれはバカなロシア人がやったのだ、とネタニヤフに訴えていたのです。

その直後にケリー長官が殴打されたような音が聞こえました。


その時、ケリー長官は苦痛や怒りの叫びをあげましたが、再度、ケリー長官が叩かれるか、殴られたような音が聞こえたのです。

次に、ネタニヤフは、ケリーに向かって、お前にお金を払っているのは何のためだと思ってんだ、と金切り声でののしっていました。


その直後に、2人のイスラエル人の警備員が私をドアから引き離したのです。

そして5分後に、ケリー長官が少し血が混じったアザだらけの顔でドアから出てきました。

ケリー長官のシャツのボタンも取れていました。ネクタイも結び目から下がはさみで切られていました。彼は泣いていたと思います。」と政府関係者が告白しました。


ケリー長官は、ネタニヤフとの会談を、非常にわずらわしいものだったと述べていました。



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ←「いいね」と思ったらクリックを


関連記事
スポンサーサイト

増税も解散総選挙も必要無い!世間を気にして増税延期容認=民主党・野田【コロコロ意見変える究極の保身】PageTop中国報道を信用するな!サンゴ密漁取り締まり強化??日中首脳会談で習近平がしかめっ面??

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

暴れん坊侍

Author:暴れん坊侍
*

妻(日本人)と娘・息子の4人家族を持つ生粋の日本人。

政治に目覚めたのは1982年冷戦まっただ中の頃。信頼できる情報を得る手段が少ない時代だった。

きっかけは、マモーノヴァ・ヴォズネセンスカヤ著「女性とロシア」。自由平等の理想天国だと宣伝されていた共産国家ソ連が牢獄国家だと知り、マスコミと教育機関による情報操作によって真実が隠されウソを信じ込まされている現実をまざまざと知った。


インターネットが一般化しだしてからネットを中心に活動を始めたが、保守系政治活動の中に潜むスパイの策略にかかって仲間を失ったのを機にそうした運動とは距離を置いている。


2014-11-02よりブログ始動

※ だいたい勢いで記事を書いてしまうので、誤字・脱字・文章表現のまずいところなどあるが、アップした後で修正するのが常である。ご了承願いたい。

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

メッセージ送信
フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。