スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧米のプーチン潰しが異常 NATOが即応部隊3万人に増強


時事ドットコム:緊急部隊5000人規模に=東欧に小規模司令部設置-NATO
http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2015020600051

【ブリュッセル時事】北大西洋条約機構(NATO)は5日の国防相理事会で、ロシアの脅威に対抗するため2016年に本格運用を開始する緊急部隊を5000人規模とすることで合意した。

緊急部隊を含む既存の即応部隊は、現行の1万3000人規模から3万人に増強する。


 緊急部隊は、危機の発生時に最短で2日程度で展開する。当初の数年間は、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポーランド、英国が主導的な役割を担うことで一致した。


 また理事会は、緊急部隊の支援などを担う小規模な司令部を、バルト3国とブルガリア、ポーランド、ルーマニアの6カ国に設置することを決定。ロシアに地理的に近く、ウクライナ情勢に危機感を強めていたこれら加盟国の防衛を強化する姿勢を示した。(2015/02/06-06:27)

------
グローバリズムに反対の立場を取るプーチン。

ロシアが欧米とは別の経済圏ブロックを作ろうとしているだけなのに、プーチンの欧米グローバリズム排除を徹底的に邪魔しようとして引き起こされたのがウクライナ紛争だ。


欧米グローバル金融勢力の手先となったNATOがウクライナ問題をネタにプーチンを潰そうと必死になっているが、ウクライナをけしかけたのが他ならぬアメリカを筆頭とする欧米諸国。


NATO側にはプーチンを打つ大義が無い。なのにプーチン潰しに偏執狂的になる一方だ。


プーチンを異常性格者のように伝える変なネガティブキャンペーンが多いのも怪しい。異常だ。

ウクライナ問題に関して言えば、プーチンが正義で、欧米が悪である。


中東はISILの問題と世界でテロが起こる危険が高まり大変なところに、ウクライナ紛争が長引き、欧米 vs ロシアの戦争へと駒が進められているが、もう誰も止められない。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ←「いいね」と思ったらクリックを




関連記事
スポンサーサイト

朝日はテロリストの仲間だった【外務省が抗議】【捏造情報を意図的に流す】PageTop中東・イスラム圏の簡単なまとめ 【ISIL支持勢力が拡大、勢力が衰えない本当の理由】

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

暴れん坊侍

Author:暴れん坊侍
*

妻(日本人)と娘・息子の4人家族を持つ生粋の日本人。

政治に目覚めたのは1982年冷戦まっただ中の頃。信頼できる情報を得る手段が少ない時代だった。

きっかけは、マモーノヴァ・ヴォズネセンスカヤ著「女性とロシア」。自由平等の理想天国だと宣伝されていた共産国家ソ連が牢獄国家だと知り、マスコミと教育機関による情報操作によって真実が隠されウソを信じ込まされている現実をまざまざと知った。


インターネットが一般化しだしてからネットを中心に活動を始めたが、保守系政治活動の中に潜むスパイの策略にかかって仲間を失ったのを機にそうした運動とは距離を置いている。


2014-11-02よりブログ始動

※ だいたい勢いで記事を書いてしまうので、誤字・脱字・文章表現のまずいところなどあるが、アップした後で修正するのが常である。ご了承願いたい。

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

メッセージ送信
フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。