スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■【中国人はあたり構わずウンコ】なぜか報道しない!中国大陸は糞だらけ!日本に来るな!


香港ではそんな事はなかったが、大陸の中国人はどこでも構わずウンコするらしい。日本に来るな!


中国人 ウンコ 7

中国人 ウンコ 3

中国人 ウンコ 6

中国人 ウンコ 1

中国人 ウンコ 2

中国人 ウンコ 4

中国人 ウンコ 5

中国人 ウンコ 8

中国人 ウンコ 9

中国人 ウンコ 10


中国人が住むマンションではそこら中にウンコ。

観光地のトイレもメチャクチャ汚して、便座がウンコだらけで使えなくなる。

だからこういうトイレ事情になるんだろう。
中国トイレ1

中国トイレ2

公共施設でもこれだから
中国トイレ3


幼児の頃からそういう習慣なんだよ。こんな服着せてる。
中国人 ウンコ11
中国人 ウンコ12


あの人達、日本人とは違うんだから、同じと考えちゃダメ。日本には来ちゃいけない人たちなんだよ。
中国人に土地なんか絶対に売っちゃいけない。日本の土地が汚される。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ←毎日一度のクリックをお願い!


関連記事
スポンサーサイト

■【エンブレム佐野】「パクってない証拠」に出した原案がパクってた!ニセの証拠まで出して見事に轟沈!PageTop■暴力団山口組分裂に在日との抗争!稲川会も分裂!日米がヤクザ摘発に本腰【山口組の利益は東京都の予算超える】

Comment

ちょうど110年以上前の日本統治時代前の朝鮮半島の様子と
変わらないようですね。

(世界で最も汚い都市、ウ●コまみれの漢城市(現ソウル市)
(『朝鮮事情』イザベラ・バード)19世紀末の旅行記)

「ベルサイユのバラ」でお馴染みのフランスもその時代は、
街中が糞尿に溢れて不衛生でした。

(その証拠に、オリジナルのルーブル美術館やベルサイユ宮殿に
トイレはありません。侍従たちは、みんな茂みで用をたしていました。)

日本は、江戸時代には都市部の糞尿を回収して「肥料」にして
農村に流通されるという「商売」が成り立っていたため、
街中はとても清潔でした。


日本人も先人が残した今ある恩恵に感謝することが大切であること、
当たり前のことが実はあたりまえではなかったこと

そして、
日本の常識が世界(特に中韓)の非常識であることを知らなければなりません。

牧田みのる様へ

> (世界で最も汚い都市、ウ●コまみれの漢城市(現ソウル市)
> (『朝鮮事情』イザベラ・バード)19世紀末の旅行記)


当時のソウルは北京の次に汚いと書かれていたと思います。


> 「ベルサイユのバラ」でお馴染みのフランスもその時代は、
> 街中が糞尿に溢れて不衛生でした。

> 日本は、江戸時代には都市部の糞尿を回収して「肥料」にして
> 農村に流通されるという「商売」が成り立っていたため、
> 街中はとても清潔でした。


一般市民を国王の所有物と見るヨーロッパと、身分の違いはあっても人間扱いしてきた日本との違いが現れていますね。
日本だからこそできたシステムだと思いますが、欧米は近代にならないと出来なかったでしょう。


> 日本人も先人が残した今ある恩恵に感謝することが大切であること、
> 当たり前のことが実はあたりまえではなかったこと


日本は欧米よりも遥かに進んでいたと思いますが、あまりにも貶められてきたのも事実。


> そして、
> 日本の常識が世界(特に中韓)の非常識であることを知らなければなりません。


日本は人も環境も文化も良すぎる国だと知らず、世界の酷い現実も知らず、皆同じなどと考えてはなりませんね。

日本が数々の支援をしたり、年月が流れたところで、特亜の民度までは変える事ができないという事です。もうそろそろ、特亜に期待するのはやめたらどうかと思います。

民度も素性も分からない、凶悪な特亜人を移民と称して日本に移入するなど、キチガイ、論外としか言いようがありません。

事あるごとに支那や韓国の良さが取り上げられますが、現実は最悪の民度の国としか言いようがありませんね。

まともな人間ならば、支那大陸や半島から逃げ出したくなるのも理解できますね。

日本に来ている支那人でも良い人はいるのですが、工作員の可能性もある為、潜在的危険性も多いかと思います。

移入する際には極めて厳格な審査をしなければならないという事ですね。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

暴れん坊侍

Author:暴れん坊侍
*

妻(日本人)と娘・息子の4人家族を持つ生粋の日本人。

政治に目覚めたのは1982年冷戦まっただ中の頃。信頼できる情報を得る手段が少ない時代だった。

きっかけは、マモーノヴァ・ヴォズネセンスカヤ著「女性とロシア」。自由平等の理想天国だと宣伝されていた共産国家ソ連が牢獄国家だと知り、マスコミと教育機関による情報操作によって真実が隠されウソを信じ込まされている現実をまざまざと知った。


インターネットが一般化しだしてからネットを中心に活動を始めたが、保守系政治活動の中に潜むスパイの策略にかかって仲間を失ったのを機にそうした運動とは距離を置いている。


2014-11-02よりブログ始動

※ だいたい勢いで記事を書いてしまうので、誤字・脱字・文章表現のまずいところなどあるが、アップした後で修正するのが常である。ご了承願いたい。

最新記事

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

メッセージ送信
フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。